2009年08月30日

自作自演ホニャララが起きても投票だあ

西日本・東海地方・伊豆諸島の自然災害で被害に遭われた皆様には、心よりお悔やみとお見舞いを申し上げます。そしていまだ行方不明となっていらっしゃる方の、一日も早い発見を心よりお願い申し上げます。

このブログ記事は、今夏の豪雨被害とは全く関係ありません。
記事自体は昨年秋に、総選挙がすぐに行われる事を想定して事前に書き留めていたものです。
しかしアソー政権による1年間の時間稼ぎのために公開しないままになっていました。

「ピンポ〜ン」

  「はいはい。どなた?(インターホンに出る)」

「ズーボルテルテと申します。」

  「ズーボル...? 懐かしのゲームの中の方?」

「いやいや(^^;)」

  「Zoebolterte...? オランダの方?」

「残念(^^;) もっと離れました。総選挙の今日一杯雨が降らないよう、お祈りしている者です。」

  「はあ〜? 宗教の勧誘だったらお断りですよっ。」

「ちょ、ちょ、待ってくださいよ。雨だと投票に行きたくないですよね?」

  「それが何か?」

「ですからあなたの幸福の実現の為に、お天気を祈ります。一瞬でいいから開けて下さい。」

  「ほら!やっぱ宗教じゃん。政教分離が原則でしょ。」

「違うってばー(TT) 」(寂しそうに去ってゆく)

 (ドアスコープから恐る恐る覗いてみる)

「Σ( ̄□ ̄!)うわっ、テルテルボーズだ。。。」

zoebolterte.jpg


中国政府は昨年夏の北京オリンピックで、天気をコントロールする為に
降雨剤(ヨウ化銀類)を積んだ千発単位の小型ミサイルを雨雲に打ち込み、
雲が北京に達する前に水分を搾り取っちゃったそうだ。
開会式の日は北京周辺が雨模様の中、見事、スタジアムの一帯はバッチリ晴れた。
(花火がCGだったり、音楽がクチパクだったり、色々あったけどね(^^;)

干ばつ対策で農地に人工雨を降らせる技術を応用してるワケだ。

フィルターでチリを徹底的に除いた水は、冷凍庫に入れても「過冷却」といって、なかなか凍らない。
ビンから出して振動を与えたり、空気中のチリみたいな粉やコロイド粒子を混ぜると一瞬にして「ジュッ」と凍りつく。
それを応用した冷たい料理を出すシェフをTVで見た人もいると思う。

気体から直接固体に変わる(昇華)ときも、同じような現象が起こる。
雲のてっぺんでは、ギリギリ水蒸気のまま大気に溶けてる水がある。
大気が不安定になったタイミングを見計らって、氷晶の核になるチリの粒をぶち込めば、
一気に結晶になり、この雪やヒョウが雨となって降ってくる。
(雨は、上空の雪や氷が落ちてくる間に溶けたものなんだよね。)

一昨年、2007年7/29の参院選の時、東京の区部の西部にいたんだけど、
前触れもなく快晴から一転、バケツをひっくり返したようなゲリラ豪雨に襲われた。
14時を過ぎた頃、晴れ渡った空をアニメみたいなスピードで真っ黒い雲がおおい尽くし、あまりの雨と風の勢いにカサが全く役に立たなかった。
ところが約40分でいきなり晴渡って、夜まで再びガンガンの快晴に。

都市部のヒートアイランド現象に、気圧や前線の分布の偶然が重なったんだろう、とは思たい。

当日は朝から、本州全域に近いくらいの各地に、一斉に大雨警報・注意報が出てた。
台風5号が日本列島に近づきつつあったとは言え、まだまだ遥か南方にあったんだけどね。

今でも思い返すと気持ちが悪い。
他の大都市周辺の状況はどうだったんだろう。

その2ケ月後の9/23(日)深夜(9/24未明)、NHK総合で興味深いドキュメントを見た。
「スーパーストームの真実A(イギリスBBC 製作)」。

集中豪雨を人工的に降らせるのは、各国の政府が数十年前から当たり前のように、しょっちゅう行ってるらしいのだ。
なんじゃあこりゃ、って感じ。

土曜のゴールデンタイムの近未来ドラマ(3回連続)と抱き合わせにして、
社会問題としての「気象操作」を掘り下げるシリーズの2回目。
(ドキュメントの方を深夜に放映したのは何かの指示か。。。)

 よろしかったらポチッと応援お願いします!→人気blogランキング...
.

半世紀前、イギリス政府が降雨実験で起こしたと見られる豪雨で、ある街が大洪水に見舞われ、35人もの方の人命が失われた。
国は否定し続けてるけど、良心の呵責(かしゃく)に駆られたのか、パイロットの証言もあるそうで、今も疑惑が消えない。

ベトナム戦争当事、アメリカ政府は苦戦していたベトナム侵略戦で、レジスタンス軍(ベトコン)への兵站(へいたん)補給路を絶つ為、降雨剤を大量散布。
結果、水害で民間人含め数千人の方が亡くなった。
これもアメリカ国内でバレて、社会問題化し大騒ぎに。

チェルノブイリ事故の直後、放射能を持つ雲がモスクワを含む大都市圏にたどり着く前に、当事のソ連政府がベラルーシ共和国上空に大量のヨウ化銀を散布、いわゆる「黒い雨」を降らせたそうだ。
事故現場のウクライナから150kmも離れた土地で今も放射線障害で苦しみ死んでゆく被害者が後を絶たない。
その悲惨な結果は岸恵子さんのレポート「ベラルーシの林檎」で読んで衝撃を受けた人も多いはずだ。

もちろんこれらは全て国家機密だったため、対策が遅れて悲劇が大きくなった。

参院選の大雨。。。
まさかあれって、「自作自演」じゃないだろな。
人口の多い都市部で投票率が下がれば、「フレンド票」や
自民寄りの建設・不動産業界票がバッチリ効くハズだったからね。

まさかねえ。。。

結局国民の怒りはすさまじかったから、投票率も落ちることなく、期日前投票した人も激増(管理人もしました)。
一部の創価学会員の方たちの、公明党への支持さえぐらつき、自公は惨敗した。

BBCの番組によると、雲の上からグライダーを飛ばせば、音で飛行機の存在がバレないで行けるんだと。(空気薄いのでマスクは要るだろう)

当日の雨水を沈殿物ごと採取・保存してる人や、航空無線を傍受して記録取ってる人でもいない限り、今からじゃ調べようがないけどね。
この頃は、ヨウ化銀の煙の代わりに「液化CO2(ドライアイスの粉ではない)」を使った降雨の研究も進み、これだと残留物すら残らないから、「完全犯罪」が可能。

佐世保市で人工降雨実験を実施 24日以降(長崎新聞)(阿修羅:071215)
棚橋内閣府特命担当大臣記者会見要旨(050701)

管理人はどっちかというと陰謀論は積極支持はしない。
でも、何度否定しても、あの日の「絶妙な」降りが頭から離れない。。。

内閣からトップダウンで気象庁に「前々からのお約束の警報・注意報」の発表を強制し、人口の多い地域にグライダーを何機もコソーリ飛ばして煙を振りまく事くらい、自公政権ならやりかねない。
優秀なパイロットが、翼長のあるソアラーを駆れば高度5000-6000mで数百キロ飛べる。
車で牽引して助走するのではなく、地上から電動ウインチのケーブルで引っ張って、空母のカタパルトみたいに飛ばせば、さらに気付かれにくい。

世界最大の電子レンジ」とウワサされる例のアラスカの気象兵器、もとい、研究施設から大気をカクランするよりは
よっぽどあり得そうだし、人工降雨は今や一般的に確立された農業技術だ。

deathmagnetron.jpg


ちなみに、「人間をチンする電子レンジ」なら、残念ながら実用化されてるけどね。
 「苦痛光線」の攻撃だ、全員逃げろ!(Technobahn:070130)
出力を上げれば当然、殺人兵器になる。
 これに原子炉の電源を付けて低軌道に上げれば、「怪奇大作戦(c)by円谷プロ」みたいに
 携帯電話のGPS信号を追尾して個人を狙い撃ちするのも不可能じゃないかもね。

それにしても何か腑に落ちないぜ。

天気は不安定とか予報が出てるし。
海には台風の影が。

また起きたら今度こそ「クロ」ってことかしら。

とにかく行列作るほどバンバン投票に行きましょう。


 雨ニモ負ケズ

 「自作自演ホニャララ」ニモ負ケズ

 正義ノ投票ニワタシハ行キタイ

命おとすな、自民おとせ。

政権交代こそ改革の本丸。


総選挙。自公落として明るい未来。

 ここって、どこの国ですか?

 票数インチキし放題の電子投票制度導入

 野蛮な大量処刑を推進する裁判員制度

 目くばせだけでタイホ出来る共謀罪創設

 独裁国家並みのネット規制

 最高裁の裁判官にも鉄槌のバツ印を忘れずに。

 心配性な管理人→政権交代失敗シミュレーション 第1話 第2話 第3話 第4話

こんぐらいで公選法違反で取り締まるなら、この社会は終わってる。
それも今日いっぱいだけどな。( ゚Д゚)y─┛~~

せいぜいクビを洗って待ってなさい。

総選挙で一揆を起こそう!!

 よろしかったらポチッと応援をお願いします!→人気blogランキング
posted by Francisco at 09:54| Comment(1) | TrackBack(10) | 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ブログ更新がんばってください。
今後いろいろ参考にさせていただくかもしれません。
応援してます。

もしよかったら相互リンクしてください☆
Posted by 三ツ星相互リンク at 2009年11月02日 20:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

2009年8月30日無血一票革命なる:部屋を明け渡して青テントに移る自民党議員諸氏を心より歓迎する
Excerpt: ついに本邦開闢以来始めての人民の人民による人民のための革命はなった!308議席を獲得した民主党から部屋の明け渡しを迫られて青テントに移ることを余儀なくされた自民党議員諸氏を我々貧民一同は心より歓迎し,..
Weblog: エクソダス2005《脱米救国》国民運動
Tracked: 2009-09-03 22:14

税率1%の一般取引税を導入することにより,消費税増税が不要になるばかりか消費税そのものを廃止できる.
Excerpt: 税率1%の一般取引税を導入することにより,消費税増税が不要になるばかりか消費税そのものを廃止できる.いや,他のすべての租税を廃止して一般取引税に一本化することすら可能である.実際2008年度の税収は3..
Weblog: エクソダス2005《脱米救国》国民運動
Tracked: 2009-09-08 23:25

税制が変われば政治も変わる!『静かなる革命2009』シリーズ全4本が完結しました(馬場英治)
Excerpt: 税制が変われば政治も変わる!『静かなる革命2009』シリーズ・バックナンバー 【第1回】静かなる革命:2009年熱月30日一発の銃声もなく一滴の血を流すこともなく民主一票革命なる 【第2回】税率1..
Weblog: エクソダス2005《脱米救国》国民運動
Tracked: 2009-09-13 19:21

【おまけ】国民経済飯茶碗―『静かなる革命2009』付録図版
Excerpt: 国民経済飯茶碗―『静かなる革命2009』付録図版 転載歓迎! 「おっかー 腹減った〜」 「ないよ〜 おとうが先に食っちまったよ〜」税制が変われば政治も変わる! 『静かなる革命2009』 シリ..
Weblog: エクソダス2005《脱米救国》国民運動
Tracked: 2009-09-15 07:18

【おまけ】国民経済丼―『静かなる革命2009』付録図版改訂版
Excerpt: 空っぽの飯茶碗とてんこ盛りの丼とどちらが好きですか? 参考図版:国民経済飯空っぽの飯茶碗―『静かなる革命2009』付録図版 金融経済20000兆円は空っぽの器である. 「金融立国」などという..
Weblog: エクソダス2005《脱米救国》国民運動
Tracked: 2009-09-15 23:51

「失業と労働空洞化を招く製造拠点移転の抑制」政策:楽観的な日本経済のゆくえ
Excerpt: 「デフレ不況」の解消 からの続きです。 ● 「失業と労働空洞化を招く製造拠点移転の抑制」政策  先にアップした『【世界経済のゆくえ】中国は自滅の道を進むのか孤立に追い込まれるのか』を参照してもらい..
Weblog: 晴耕雨読
Tracked: 2009-11-14 14:52

エコノミック・ヒットマンが語るアメリカ帝国の秘史  ―経済刺客、暗殺者、グローバルな腐敗の真相
Excerpt: エコノミック・ヒットマン(経済の殺し屋)と呼ばれる仕事についていた米国人・ジョン ・パーキンス氏が告白している動画があります。 米国に刃向う指導者や、賄賂が効かない国家指導者にはジャッカルと呼ば..
Weblog: 晴耕雨読
Tracked: 2009-11-17 18:43

「インフレターゲット論」のトンデモ
Excerpt: まず、「インフレターゲット論」は、現在の不況の原因はデフレにあるのだから、日銀はインフレ率目標を設定し、それを実現するために、通貨供給量を拡大したり、円安に誘導しろというものだと理解しています。 そ..
Weblog: 晴耕雨読
Tracked: 2009-11-23 18:02

「亡国」と家族の崩壊
Excerpt: 実を言うと、 『「亡国」とは...』 を書き込み終わったあとで、書いている途中では取り上げようと思っていた“家族の個人化”という問題を書き忘れてしまったことに気づき補足を書こうかなと思っていました。 ..
Weblog: 晴耕雨読
Tracked: 2009-11-26 18:46

レス3:「政府紙幣」は発行できない! − 政府紙幣が無視し続けられる理由 −
Excerpt: >(5)政府紙幣が無視し続けられる理由 >これだけ好都合な打ち出の小槌がなぜ無視され続けるのか。あまりにも虫が良すぎるからだ。 Too good to be trueというわけだ。 だが冷静に経..
Weblog: 晴耕雨読
Tracked: 2009-12-01 16:25
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。