2007年03月30日

セレブ専用:おノートPCざんス

高級ファッション雑貨の英ルバグリオ社で「セレブ専用ノートPC」予約受付中っ!

 →英ルバグリオ社、世界初 セレブ専用のノートブックPCを発売へ(Technobahn:070327)

以前エルメスのショーウィンドウの前で、本体よりはるかに高いと思われるiPodケースを発見して固まってしまったワタクシメですが、今回はケタがドーンと違ってます。
1台100万ドル(約1億2000万円)以上って、どういう仕上げになってるんだろう。
スイッチ廻りにダイヤをあしらってあったりするらしいけど、当然ルバグリオ社のWEBは会員しかログインできないので、シモジモの者にはそれ以上のスペックは分りません。
実機を見てみたいなー。触れなくていいから。

写真から推測するに、基調は「黒のツヤツヤ」。
いまヨーロッパで高級感あるエレクトロニクス関連機器といえば、絶対に「黒のツヤツヤ」。
各社の液晶テレビも、Appleの新OS・Leopardのインターフェイスもみーんな「黒のツヤツヤ」。
そんな流れの中でついに女王登場ですかね。

おおお、今こそ世界の「ジャパン」、すなわち「漆塗り」を投入する絶好の商機ではありませんか。
19世紀末の西洋アートシーンを根底から揺さぶったジャポニズムの夢よ再び、ってならないかしら。
光琳や宗達をあしらった蒔絵(まきえ)・沈金(ちんきん)・螺鈿(らでん)仕上げのラグジュアリーなPCなんていいんじゃない。
漆塗り家電の売り込みに、国をあげて真剣に取り組んだ方がいいと思う。いやマジで。

でも100万ドルで買っても、1〜2年たったらショボいスペックになっちゃうんだろうな。
また買うからいいのか ε-(-д-) ハァ
posted by Francisco at 12:49| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac・IT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック