2008年02月28日

ケニヤの騒乱が示すもの

新自由主義(ネオ・リベラリズム)による格差拡大に反抗する
各国の社会運動と、それを抑圧するための武力行使や虐殺は、
日本ではほとんど報道されない。

いや、報道「できない」。与党と財界に24時間監視されているからね。
「目覚めた国民」がこれ以上増えないように。
(カストロを師と仰ぎ、ブッシュ政権にペロペロしない中南米の英雄、
 ベネズエラのチャベス大統領なんてテロリスト呼ばわりだし)

昨年末の大統領選の不正疑惑に始まったケニヤの騒乱が収まらない。
亡くなった方は1500人を超えてしまったそうだ。
アナン前国連事務総長と、アフリカ連合議長兼タンザニア大統領のキクウェテさんが
相次いで現地入りし、与野党両陣営との必死の仲介に当たる。
与党・キバキ大統領と最大野党「オレンジ民主運動(ODM)」・オディンガさんの歩み寄りはなかなか進まない。
「MOTTAINAI」を世界の合言葉にしたノーベル賞受賞者、
ワンガリ・マータイさん(残念ながら議員は浪人中)は、
政権批判をしたためか、携帯に殺害予告メールが来ているそうだ。
本当に一日も早く事態が沈静化するように祈る。

先週、ライス米国務長官もケニヤに行って、与野党首脳や
アナン前国連事務総長と会談たけど、与野党両派を批判したあげく
「アメリカが見張っててやるから、早期に連立政権を樹立せよ」などと、
結局米国内向けのプロパガンダをノタマッテ帰国したヽ(`Д´)ノ
ケニヤの政府関係者がBBCの記者に語った所では、
選挙の時に得票数のデッチアゲがあったらしい事は認めながらも、
ケニヤ自身の問題を、さもアメリカの手のひらの上で起きている
かのように話す、米政府の態度には疑問を呈している。

Kenya poll crisis talks suspended(BBC:080226)

ケニヤの混乱は遠く離れた国にも、思わぬ形で飛び火し始めている。
28年続いたムガベ政権の腐敗で国家経済が破綻したジンバブエ。
インフレ率は年10万%に達し、失業率は80%。
ネオリベ経済政策で一握りの国民だけがオイシイ思いをして
見せ掛けの経済発展を遂げて来たシステムはケニヤと同じだ。
(そしてコイズミカイカク以降の日本とも同じ。)
ジンバブエ国民は、まさに生き地獄を味わっている。

そんなジンバブエの警察当局が恐ろしい方針を発表した。
3/29に行われる大統領選と議会選挙に向け、大きな混乱を避けるために、
治安維持活動上、「他に効果的で適切な手段がない場合」は
("if he finds other methods to be ineffective or inappropriate")
警察官の一般民衆に対する銃撃を認めることにするそうだ。

Zimbabwe police licensed to shoot(BBC:080226)

「ナタや斧、弓矢では人をオフィスに閉じ込めておけない」からだとか。
ケニヤのように与党に反旗を翻す動きが、「目覚めた国民」を
巻き込んでの運動に発展するのを、何より警戒しているらしい。

そしてジンバブエのお隣り、南アフリカもヤバイ匂いがフツフツと立ち上ってきた。
経済がジリ貧の状態でもなお、ネオリベ政策で国民の格差を広げ続けるムベキ大統領の追い落としを、
雇用拡大を旗印に、同じ与党・アフリカ民族会議(ANC)議長で元副大統領の
ジェイコブ・ズーマさんが狙っている。(この人もスキャンダルに事欠かないが)
アパルトヘイトに苦しんできた非白人系の国民は元々政治に敏感だ。
これも国民を二分するような運動になれば、一触即発の大事に発展する可能性がある。

アフリカ各国の悲劇は、対岸の火事じゃない。
人間からあらゆるものを搾り取り、、大自然をほしいままに壊す、
「自由競争」「ジコセキニン」という名の、狂ったグローバリゼーションのウミが、
たまたまデリケートな場所から噴き出し始めたに過ぎないんだと思う。

この小さな星の上、全てはひとつにつながっていて、誰一人逃げ隠れできない。
郵政のカネもほぼ手中に収めたアメリカ政財界の眼中に、すでに日本はない。
共和党が下野し、民主党が政権を握っても、その流れは止まらず、
経済的にはアジアと言えば、中国とインドを指すことになるだろう。
予定通り2015年ごろに絞りカスになった日本に対しては
「カネがないなら戦闘員(自衛隊)だけをドンドン差し出せ」となるだろう。
自公政府が憲法改変を異常に焦るのは、もちろんアメリカの圧力だ。
このまま「ココ掘れワンワン」を続ければ、痛ましい同胞の殉職者を大勢出しながら、
忠誠を捧げ尽くして来たご主人様には、ポイ捨てされるのがオチだろう。

福田首相も昨年チラリと触れていたけど、夏の洞爺湖サミットをはさんで、
スーダン・ダルフール紛争の監視活動・武力の解体と復興支援に
日本が今後どう関って、存在感を示して行くのか、世界中が注目することになる。
日本は中国と並び、石油開発の資本投入によって、スーダン政府による
ダルフールの虐殺を、間接的にであれ最も支援して来た。
当の日本人だけが、それを知らない(知らされていない)。
フランスは中国への抗議から北京五輪をボイコットする可能性がある。

イラクやガザ地区やアフガンの人たちは、日本の二枚舌に気付き始めている。
アメリカ様の顔を立てるだけの為に憲法をチマチマねじ曲げて
インチキな法律をこしらえている場合ではない。

アフリカ各国の悲劇は、日本の将来をも占う、ご近所の出来事だ。

 よろしかったらポチッと応援をお願いします!→人気blogランキング
posted by Francisco at 02:25| Comment(3) | TrackBack(10) | 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
francisco様。最近考えた事です(不適切な書き込みと思ったら、削除して下さい)
・・・「アメリカングローバリズムとは、要するに、侵略・殺戮・略奪・破壊・詐欺・賭博・・・こればかりだ。こんな醜悪で非道な「帝国」は、破綻する方が良いに決まっている。けれど今米帝がクラッシュしたら(そう遠い将来とも思えない)、腰巾着でやって来た日本も、大混乱となるだろう。食人鬼・吸血鬼・ハゲタカ・毒虫の類が報いを受けるのは当然としても、子供を持つ身としては、社会全体の混乱は辛い・・・しかしだからと言って「ホレ見ろ。我が子が大事だろう!?祖国が大事だろう!?だから日米同盟強化だ・防衛力増強だ!」等のウヨの口車には、とても乗れない。アメリカの身勝手で、殺され・奪われ続けるイラク・アフガン・パレスチナ・アフリカ等の子供達に、何と顔向けするのか・・・?」・・・・
我が子が、殺す事も殺される事も、虐げる事も虐げられる事もなく、平和・公正・民主的な社会で生きて欲しい。その為には、何をなすべきか・・・もっと真剣に悩み考え、学ばねばならないと思います。
francisco様はじめ、良心的なブロガーや本から、もっともっと、多くを教えてもらわねばなりません。宜しくお願いします。
Posted by 親馬鹿護憲派 at 2008年03月18日 21:25
親馬鹿護憲派様

コメント深謝です。
アメリカ国民自身がこの狂ったグローバリズムの犠牲になって
塗炭の苦しみを味わっています。
国民皆保険制度がないので、命に関わる病気になったら
中流の人は家を売らなければならず
ビンボー人は持ちガネに応じて死期を選ばなければなりません。

夢を求めて若い頃にアメリカに移住した私の叔父は、
年をとってから体を壊したため、医療費の支払いで
長年働いて手にした家屋敷を失い、
予想もしなかった厳しい老後を、夫婦で細々と
残り少ない預金をやりくりしながらしのいでいます。
子供たちが完全に独立したのがせめてもの救いです。

自国民を守れないアメリカ政府が日本の世話を焼くことなど
ゼッタイにあり得ないと断言できます。

「年金記録」の混乱で世間は一色ですが、まだまだ甘いようです。
コイズミ以降、日本国民への略奪・破壊・詐欺行為を欲しいままにしてきた自公政権と官僚は、
いよいよ卑怯な賭博に手を出し始めました。

先日(03/12)保坂展人衆議院議員から恐ろしい話を伺いました。
年金資金約150兆円の1/3、50兆ほどを「アクティブ運用」と称して、
ファンドに丸投げし、株式投資などの金融市場に
突っ込むことがホンキで計画され始めているそうです。
ンなバカなと思ったら03/07の日経新聞に出ててヘコミました。

さらに国民を奈落の底に突き落とす巨悪の企みが
着々と準備されている現実に、
私たちは勇気を奮い立たせて目を向けなければなりません。

毎年3万人の自殺者。
「平和国家日本」を信頼したから日本の仲裁で武器を捨てたのに、
日本からの補給で飛んでくる砲弾に命を落とすアフガンの元・北部同盟兵士や、
巻き添えになる女性や子供やお年寄り。

総選挙でいい結果を出すことが、無辜の命への
せめてもの弔いだと思っています。

そうでなければ、私たちが死んでゆく時に
子供たちの世代に顔向けできません。

リアル社会でこういう発言をすると
「危ない赤いヤツ」
「半日分子」
と見られるのは、この国の洗脳が順調に成果を上げた証拠でしょう。
Posted by Francisco at 2008年03月20日 13:48
とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!
Posted by 株式税金 at 2013年06月02日 10:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

左翼が魅力的でないという方々は魅力的じゃない人を左翼と決めつけているだけじゃないのか
Excerpt: 題名通りです、他意はありません そもそも 俺たち左翼は (左翼を名乗らせてもらいます、今回は、本物の左翼の皆さん、いらしたらごめんなさい) 魅力的じゃなければ覆されるような やわな議論を..
Weblog: そいつは帽子だ!
Tracked: 2008-02-28 07:29

中国、スーダンのしたたかさ、自衛隊の派遣
Excerpt:  24日のBBCニュースを読んで、う〜ん、と唸ってしまいました。  これについては最後に訳を載せましたが、中国の存在感を見せつけられた気分...
Weblog: とむ丸の夢
Tracked: 2008-02-28 10:41

若き無名の労働歌
Excerpt: ふと、目が、止まった。言霊に、呼び寄せられたのかも、知れません。 2月10日付毎日新聞の文化面、「毎日歌壇」に載った一首です。 歌いぶりは俵万智風であるが、底に流れる詩情は、僕に、啄木を想..
Weblog: BLOG BLUES
Tracked: 2008-02-28 13:36

171824 デビッドもジェイもオバマ支持で協調路線か?
Excerpt: 171824 デビッドもジェイもオバマ支持で協調路線か?   猛獣王S ( 30代 営業 ) 08/03/02 PM11 「オバマの顧問はD・ロックフェラーのブレジンスキー」171485に..
Weblog: サラリーマン活力再生
Tracked: 2008-03-04 11:48

文部省思想局から鳩山兄弟まで
Excerpt: うわあ、と思わず感嘆の声が上がりそう。  常石先生の「日本現代誌」に、天皇機関説を唱えた美濃部達吉関連の文書が写真で載っていました...
Weblog: とむ丸の夢
Tracked: 2008-03-07 10:51

わずか3日間でこのバナーを見に約2000人の若者が雑談日記を訪問した。ようやくおさまってきているが、これって一体、。(笑)
Excerpt:  携帯版雑談日記の話しです。  3日は、前日比2倍のアクセスがあったものの、まだ異変には気がついていませんでした。 ※なお、ココログでは、管理画面のアクセス解析で「カレンダーを表示」し、日にちを特定し..
Weblog: 雑談日記(徒然なるままに、。)
Tracked: 2008-03-07 10:53

共産党が護憲政党だから応援するというのは妥協だという言説への反論
Excerpt: それはこういうことのようだ 現実「共産党」しかないからといって そこに「反戦」思想をたくすのは おかしい 護憲派は反戦という理想を追いなさい 『共産党しかないという現実』と 折り..
Weblog: そいつは帽子だ!
Tracked: 2008-03-09 17:50

“かわいい”署名用紙もお供に…『しんぶん赤旗』読者訪問という形で署名集めに回りました
Excerpt:  3月6日から8日、私は「しんぶん赤旗」の読者で私が集金を担当している世帯を中心
Weblog: 嶋ともうみ☆たしかな野党 支え続けて 上げ潮めざす!
Tracked: 2008-03-11 10:39

ケニア暴動の根はイギリス植民地時代に刻印されていた
Excerpt: ケニア情勢が悪化している。 http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/world/kenya/ キリスト教徒の多いケニアで教会が焼かれるというのは、かなり治安が悪化している証..
Weblog: にほん民族解放戦線^o^
Tracked: 2008-03-15 03:53

「スーダン・ダルフール紛争」についてのクチコミブログをピックアップ
Excerpt: スーダン・ダルフール紛争 に関連するブログ記事の検索結果から最新の口コミ情報、オススメ商品を紹介…
Weblog: クチコミブログをピックアップ
Tracked: 2008-03-21 07:47
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。