2009年08月10日

政権交代で軍部の暴走を止めよう。

総選挙。自公落として明るい未来。

ヒロシマ。

ナガサキ。

そして8月15日が来る。

陸自が実質上の「陸軍参謀本部」を設置する事にしたそうだ。
この時期にリークするとは、いい度胸だな。
近ごろ「軍部」の独走が止まらなくなってるんじゃないのか。

2009073099090147.jpg

陸自、最高司令部「陸上総隊」新設へ(090730:東京新聞)

その気になれば防衛大臣も幕僚もぶっちぎって、政治に口出しし、アジア・太平洋戦争の時と同じく全軍を直接掌握できるワケだ。

みんなが政局に気を取られ、国会も機能停止しているこの選挙戦の時期にね。
2010〜11年の憲法改悪投票までは、とても待ち切れん、てか。
海自・空自が「軍令部」を置くのも時間の問題かもしれない。

頼むぜ、共産党・社民党。いまこそ出番じゃん。
ここでしっかり騒がなきゃ、いつ護憲政党の存在感を示すんだ。

「国際即応集団・首都防衛集団」を統括する「陸上総隊」って言うんだとさ。
要はシビリアンコントロール(文民統制)から独立した「参謀本部」のフッカツだよな。

背広組と制服組をシャッフルする方針も決まり、シビリアンコントロールを外す為の仕込みも着々進む。

国民総肉弾化めざして外堀が着実にひとつひとつ埋まって来た。
前回と違うのは、アメリカとの戦争ではなく、アメリカのための戦争に行かされる、って事。


そしてここへ来て、またぞろ首相や、自衛隊の元幕僚の不思議な言動が、広島・長崎で激しい怒りを買っている。
水面下で、確実に何かが起きている。

8/6・原爆慰霊の日。アソー閣下が広島の記者会見で、「アメリカの『核の傘』が必要」って。。。
それを言っちゃオシマイなのは分かった上で、それでも発言させる勢力がいるって事だ。。。
【そのような考えで長崎の式典には来るなと言いたい】(長崎)被爆者は怒りと失望(NHK長崎)(阿修羅:090806)

元空自幕僚トップの田母神俊雄サンは、ワザワザ広島のこの日の灯篭流しの夜を選んで、核武装推進について2ステージも講演。
タイトルは「『ヒロシマの平和』を疑う!」だとさ。。。
 「核廃絶が即、平和につながるわけではない。」
 「唯一の被爆国だからこそ、3度目の核攻撃を受けないために核武装するべきではないか。」
言論の自由は保障されるべきだ。
だけど、天木直人さんが言うように、せめて日付をずらせっての。
広島・長崎県民を敵に回してでも、その日に発言させる勢力がいるって事だ。。。

自衛隊も軍隊である以上、上官が個々の自衛官の命を預っている。
60の声を聞いてもオトナになれない人を選んで、軍のトップに置いていた事実。
戦闘機や戦車のプラモデルで遊ぶのと、生身の人間は違う。
靖国神社に展示された回天魚雷を見ると、怒りに心が震える。
上に立つ人がカン違いすると、また同じ間違いが起きる。

軍人さんを戦火の中に派遣することの重さ。
「テロ」という名前にすり替え、「戦争」を隠すことの危険さ。

そしてメディアの腐敗。
この広島・長崎での一連の騒ぎも「のりピー報道」で絶妙にカモフラージュされている。

恥を知れって。
日本の領海・領空の境では各国の軍人さんが、祖国の誇りにかけて毎年のように殉職してるんだよ。
自衛官だって例外じゃないんだぜ。ニュースに出なくても知ってる人は知ってる。

まずは総選挙で自公を下野させて、来年は参院選で売国勢力の残党の害虫一掃だな。
そんでもって民主の中のマエハラ組を中心とする、戦争経験のない極右坊やたちを追い込み、一人一人お灸を据えて行く。
彼らは全員、伊勢崎賢治さんの「武装解除」でも読めと言いたい。

国民の命に直結する、総選挙のホントの目標は、憲法と平和を守る事。
戦争に突っ込んで行けば、失業や年金の問題なんか吹っ飛び、国民は塗炭の苦しみを繰り返す。
政府の暴走から国民を守る為にある憲法を、どうしたいのか、自分自身の事として考えよう。。

しつこいようだけど、今度という今度は、無関心は命にかかわるんだよ。


美しいアジア。アジアの中の日本に生まれた事を誇りに思う。
戦争しない、核武装しないって、そんなにヘンな事ですか?

命おとすな、自民おとせ。

政権交代こそ改革の本丸。


総選挙。自公落として明るい未来。

 ここって、どこの国ですか?

 票数インチキし放題の電子投票制度導入

 野蛮な大量処刑を推進する裁判員制度

 目くばせだけでタイホ出来る共謀罪創設

 独裁国家並みのネット規制

総選挙で一揆を起こそう!!

心配性な管理人→政権交代失敗シミュレーション 第1話 第2話 第3話

 よろしかったらポチッと応援をお願いします!→人気blogランキング...続きを読む
posted by Francisco at 23:46| Comment(2) | TrackBack(5) | くらしの安全 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月02日

「共謀罪強行突破」内閣スタート

追い詰められた崩壊自民党の、なりふり構わない最後の反撃が始まる。

福田総理が降ろされ、麻生閣下に差し替え決定。

正直言って、リアルに命の不安がよぎる。
一番大切な論点がニュース速報に一切出てこないから。

正当な理由なく片っ端から国民をタイホできる
共謀罪(テロ等謀議罪)の法案強行突破。

権力側の圧力で票数をいくらでも偽装できる
電子投票システムの法案強行突破。

この2つの塩漬け法案が臨時国会で通れば、
景気の話も、医療制度の話も
年金の問題も、いっぺんで吹き飛ぶ。

こんなブログ書いてるような人はもちろん、
街で「増税反対」のビラをウッカリ受取ったのを
「特高」に見られただけで危ないかもしれない。

共謀罪に較べてその恐ろしさがピンと来にくい、電子投票については、
共産党以外は全党挙げての徹底抗戦を敷いていない。

ノホホンとした認識の国会議員の方が多すぎるようだ。

そして目指すは2011年。
軍国化・核武装の為の、9条破壊を目的とした憲法改悪。

それをゴマカすのが「国民目線のカイカク」だ。

ボーっとして、声を上げずにいると、
国民はまた60年前と同じく奴隷になる。

解散・総選挙前に滑り込みで、
重大な法案をムリヤリ臨時国会で通しちゃえ
モードに突入。

09/01(月)夜21:30、福田総理の辞任表明会会見では、
参院での野党各党による自公の悪政監視を、
衆院での強行突破路線で踏みにじる路線をあからさまに示した。

「民主党が審議引き延ばしをしたから国民のためにならなかった」

もちろん、パフォーマンス上手で「国民受けのいい」麻生さんで
解散・総選挙に打って出るってのが表向きの理由だろうけど。

ここでだまされちゃいけない。

オカミに逆らうものは徹底的につぶす。
兵隊になるしか生活して行かれない人を増やすこと。
徹底的な人権の制限・抑圧、生活格差拡大への、
本気のシフトの表れだろう。

民主党内で前原組の動向に一定の抑制が掛かり、
「アメリカ様にへつらい、中韓ととケンカしたい」河村たかしさんが
小沢さんと一騎打ちしないですんだのは、小沢民主のイメージ維持
の為には、まずはよかったよかった。

ここから、自民党の主流派と、
民主党内の一部のかくれ自民に巣食う
戦前・戦中の軍事独裁への憧れと、
軍産複合体による「ブッシュ政権型」の「侵略戦争による経済」、
治安維持法による特高警察・憲兵支配の復活への策略が垣間見える。

制服組を背広組の下に置くのをやめ、
軍事への文民統制をなし崩しにする動きも加速している。

とにかく「悪いことしたらゼッタイ死刑」、
国民は「見ざる・言わざる・聞かざる」、
「オカミに逆らったら生きていけない」のイメージを強めたい。

ついに衆院からは「裁判員をやってくれる人には3万円あげる」と
国による国民買収の案が出たそうだ。

裁判員制度「日当3万円」の悪あがき (保坂展人のどこどこ日記様:080830)

もうメチャクチャ。

アメリカでオバマさんが政権を取れば、
「自国の若い人を戦場に送るな」、「軍事費高すぎ」
「健康保険フッカツしろ」という米国民の声が表面化し、
戦争経済の維持を図りたい財界・金融資本からは
「日本から兵隊を出せ!!」の圧力が強まるのは必至だろう。

アフガンでは外国人を狙った誘拐・殺害が日に日に悪化。
ついに、地元のために粉骨砕身の努力を続ける「ペシャワールの会」
からも、いたましい犠牲が出てしまった。

まず日本はアフガン国民による警察・正規軍の整備を手伝って、
対抗勢力の影響を弱め、混乱・腐敗を解決するのが第一優先だった。
でも、ブッシュ大統領の「アフガンはバッチリ平和になりました」のキャンペーンの為に
日本の政府与党は、北部の軍閥諸派の武装解除だけ終わったところで、
中途半端に幕引きさせてしまったので、手が付けられなくなってしまった。

おまけに米軍への無償給油がアフガン国民にバレはじめてしまった事が、
中立な国家としての日本のイメージを地に落とした。

復興支援の筆頭国・日本の、現場のリーダーとして武装解除の指揮に当たった
伊勢崎賢治さんが著書の中でも、テレビの対談でも繰り返しおっしゃっている。

小沢さんはぜひ、野党各党と連携を深め、現憲法の範囲内で、
ISAF(国際治安支援部隊)を中心に据えず、
戦闘行為を第一目的としない、
支援の仕方を真剣に国民と論議してほしい。

ISAFはもともと国連ではなく米英・NATO主導で動いてる活動。
国連が言ってるなら外国行ってドンパチやっていいかどうか以前に、
日本はNATOに加盟もしてないし、
他国と一体となって自発的に戦闘行為ををすることは明らかに違憲だ。

伊勢崎さんのレポートを読むと、日本が置かれた立場の重さに、身が引き締まる。
伊勢崎賢治の15歳からの国際平和学:番外編その1(マガジン9条)

第1回「グンナー・レークビックさん(ノルウェー出身)」その3
 -伊勢崎賢治の平和構築ゼミ(マガジン9条)


銃口では、普通のくらしを守れない。
そう、普通にくらしたいだけなんだよ。
何の力も持たない市民の願いは、これしかなんだから。。。

命おとすな、自民おとせ。

政権交代こそ改革の本丸。


総選挙。自公落として明るい未来。

 ここって、どこの国ですか?

 目くばせだけでタイホ出来る共謀罪創設

 票数インチキし放題の電子投票制度導入

 野蛮な大量処刑を推進する裁判員制度

 独裁国家並みのネット規制

総選挙で一揆を起こそう!!

 よろしかったらポチッと応援をお願いします!→人気blogランキング
posted by Francisco at 00:19| Comment(2) | TrackBack(51) | くらしの安全 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月22日

共謀罪、動く。。。

北京オリンピックと盆休で世間の思考停止が一週間続いていた。

国民の目をかすめて、コソーリと何かを進めるには最高のチャンス。

国会も今は動いていないので、新聞・テレビには

 「独自取材のニュースは一切出すな」
 「スポーツと殺人事件で時間をもたせろ」

と圧力掛けとくだけでいい。
北京と同じことが起きてるワケですね。

↓↓↓ ん?「共謀罪を導入しよう」キャンペーンか(-"-;)? ↓↓↓

三浦和義元社長の審理、継続へ ロス銃撃事件で米地裁(東京新聞:080816)

「ロス疑惑」逮捕状訴訟、本格審理…三浦元社長もネットで(YOMIURI ONLINE:080816)

ロス疑惑、米検察反論「日本にない共謀罪、訴追可能」(asahi.com:080817)

アメリカ・ロサンゼルス郡上級裁判所で08/15、三浦和義氏の
逮捕状の破棄を求めた訴訟(第3回審問)が本格再開。

またもや「共謀罪」という言葉がメディアに出てきた。

日本ですでに結審してるのに、もう一度「共謀罪」の名で有罪にできるなら、
何でもかんでも「共謀罪」という便利な魔法のハコに突っ込んじゃえば、
無罪や軽い罪状の人を、オカミの権力で重罪に問い直すことができちゃうワケだ。
これを国内でやられたら、人権もクソもあったもんじゃなくなる。

裁判の原則は「一事不再理」。つまり同じ事件で2回裁いて、より重い罪を負わせないこと。
これは冤罪を防ぐ為の「疑わしきは罰せず」と並んで、最も大切な概念だ。
たとえどんな凶悪・重大な犯罪の容疑が掛かった人物だろうと、
問答無用で一方的に処断されるのではなく、公正に裁判を受ける権利、
つまり「人権を持った人として」裁かれる権利があるということ。
ここを巡って今回も争われた。以下双方の主張。

弁護側:日本で裁かれた罪名は日本で刑法の「共謀共同正犯」で、
      ロス地検の言ってる「共謀罪」と同じだし、すでに結審してる。
      もう一度裁判するのは一事不再理に反する。
地検側:こんどの逮捕容疑、殺人罪・共謀罪のうち「共謀罪」は、
     日本の「共謀共同正犯」とは違うから訴追は可能。
     05年、カリフォルニア州の刑法改正で、国外判決を受けた事件も
     遡及して(さかのぼって)米国内で再び裁けるようになった。

全国紙の大新聞が共謀罪適用のムリヤリさに一切触れないのに対して、
東京新聞(中京新聞)は「逮捕の不当性」とハッキリ書いている。

こう繰り返し「共謀罪は万能薬」「共謀罪は正義の味方」って報道が
繰り返されるところに、自民政権がいかにこの制度を導入したいか、ウラ読みできる。

もちろん目的は2010年-2011年の「憲法改悪」→「軍国主義・核武装」

それと、「共謀罪」を自民党は「テロ等謀議罪」と言い換えてるので注意。

080829追記:帰ってくる?『共謀罪』 秋の臨時国会狙う(東京新聞:080817)

<引用開始>
 「共謀罪」をご記憶だろうか。一昨年、世論を巻き込んだ国会での攻防で成立を阻まれた法案だ。「終わった騒動」とみられがちだが、衆院では継続審議扱いになっている。それが秋の臨時国会で再浮上しそうな状況だ。というのも、先月のG8(北海道洞爺湖サミット)で政府は対外的に共謀罪新設を公約。「衆院での再可決」という機会も総選挙後には可能性が薄いためだ。 (田原牧)

<引用おわり>


忘れちゃいけないのは、福田康夫総理は、小泉さんのもとで
自民党「新憲法草案」の9条改変部分のまとめをしたってことだ。
<常識人><物わかりがよさそう>のイメージに惑わされてると危険だ。

 「国民の主権は削除、国民は国の言うことを聞け」(前文)

 「軍隊置いて、アメリカ様の為の戦争できる国づくり」(9条、9条の2)

 「人権・財産権より『公の秩序』が大事」(9条の2、12・13・29条)

 「日本は神の国だから国も役自治体も税金で宗教行事・教育OK」(20・89条)

 「軍人は何をしても、裁判所ではなく軍事裁判所での軍法会議」(76条)

 「弁護士は最高裁の決める規則に逆らえない」(77条)

 「年度前に予算が成立しなくても、カネは使い放題・事後承認」(86条)

 「行政を道州制に移行するので、好きに地方税を増やして対処のこと」
  (91条の2、91条の3、94条の2)

 「議員の2/3はキツイので1/2で、いつでも変えられる憲法」(96条)


ザッと拾っても、自民党の目指す憲法改悪、マジひでーな。
「政治上の国家元首は天皇(4条)」
「徴兵制はアリ(18条)」
「最低限のくらしの否定(25条)」
などは、アメリカ様と経団連の苦言で引っ込んでるけど。
PDF後半の自民による解説を読むと、
「大日本帝国憲法の果たした歴史的意味を深く認識」
と中曽根さんが注意書きを添えてるので、アヤシイもんだ。

憲法改悪反対共同センターが対照表を公開してくださっている。
現行と自民案を較べてみると、すさまじさが分る。
自民党「新憲法草案(現行憲法対照)

他国(アメリカのこと)と一緒に戦争しよう、なんて書いてある憲法は前代未聞だ。
政教分離の正面からの否定。
この事実をいま新聞・テレビでまともに流したら政権は瞬殺される。
メディアの押さえ込みは重要戦略。

保岡興治・新法務大臣は、新憲法起草委の事務局長。
中曽根さんの腹心の一人として、軍事国家化をめざす。
同じく委員メンバーの鳩山弟さんや
地元岩国の社会基盤の徹底破壊を進める林芳正・新防衛大臣と違い、老練だ。
国民にとっては「分りやすい鳩山さん」よりも手ごわい。

裁判員制度に都合がいいように、捜査の仕方も「合理化」するそうだ。

憲法改悪を見据え、いま軍国教育で洗脳中の中学生を投票に
駆り出すため、成人年齢を18歳に引き下げる準備を同時進行。

保岡新法務大臣官邸記者会見の概要(法務省HP:080801)

<引用開始>
【裁判員制度に関する質疑】

Q:先ほど官房長官もちょっとお触れになったのですが,裁判員制度の導入について,国民の間でも不安があるのですが,内閣支持率の向上ということも併せて考えたときに,国民の支持を得るため,大臣としてはどのような点に取り組まれるか,御所見をお伺いします。

A:行政も立法も,国民による国民のためのという,民主主義の基本があるわけです。司法でも同じように国民のものにしなければならないということで,国民の参加という趣旨で,裁判員制度を始めますが,これは国民の常識を裁判に反映させるというだけでなくて,裁判を国民に分かりやすくするということが大事ですし,分かりやすく説明するということは,検察官や裁判官や弁護士がその本質をよく理解していないとできないことですし,また,捜査も非常にその点で合理化されてすっきりしたものにしていかなければならないし,あらゆる点で日本の司法を大きく変えたその柱になっいます。そういう趣旨で,国民からしっかり受け止めてもらうために啓蒙と普及には全力をあげて,円滑な導入に努めるということが非常に大事だと思っているところです。

<引用おわり>


保岡新法務大臣初登庁後記者会見の概要(法務省HP:080802)

<引用開始>
【いわゆる条約刑法に関する質疑】

Q:条約刑法に関してですけれども,これまでも国会成立ができないでいて,一方で自民党,与党の方では,修正というか対象犯罪を小さくするような案が与党の方でも進んでいるというような状況の中で,このねじれ国会が続く中で,どういうふうにこの条約刑法を成立させていこうと思われるのか,お考えをお聞かせください。

A:ねじれ国会ですから,基本的に与野党で相談をして与野党の知恵を集めて,国民にとって,国益を果たす意味において,この法律が最もいい形で働くように内容を詰めていくべきだと思います。与党からは修正案が数回出まして,修正案,最終修正案みたいな,何回か出たと思います。これは,共謀罪の成立要件を具体的な事実に結びつけるなどして厳格化するということで提案したと思うのです。野党の方から一定の犯罪に限定する国際的な犯罪とか懲役5年以上の犯罪にしたらどうかという御提言もあります。そういう中で自民党の小委員会の中で検討を進めていますから,そこでの与野党の知恵を生かした案というのが出てきて,また,それについて一定の状況が整えば,それはまた国会に出して民主党や他の野党ともよく相談をして成立を図りたいと思っています。

<引用おわり>


古賀さんが固執する人権擁護法案も、臨時国会でどう動くか要注意だ。
今度、農水大臣で入閣した
「レイプは元気があってイイ」
「消費者ウルセー」の太田誠一さんは
人権委員会の設立をめざす、自民党人権問題調査会のボスだしな。
タイミングよすぎ。

「メディア規制」「外局を通さず法務省直轄」を堂々と盛りこんでたあたり、
政府人権委員会に権力を集中し、警察や裁判所に言うことを聞かせ、
メディアを今以上に封鎖しようっていう意図が透けて見えるね。
人権をこの国から削除したい自公が騒ぎ立てる「人権」。

公明党が自民への選挙協力をエサにしてでも推進してるのが気になる。
「特定の宗教への人権侵害」を錦の御旗にして、党に肩入れしない市民に
片っ端から圧力掛けて捕まえてやれ、って狙いがチラホラと。

いまの自公政権下でこんなのが通ったら、えん罪激増の予感。。。

民主党の一部がこの、戦時中の治安維持法みたいな悪法に
賛成してるのも見逃せない。
民主党でも、旧社会党系で今は前原グループに巻き取られた
仙谷由人さんたちが、対案をなし崩しにするのか。。。
総選挙後も生き残りたいなら初心に帰って目を覚ましてほしい。

水面下で着々と「国民奴隷化政策」は進んでいるみたいだ。


命おとすな、自民おとせ。

政権交代こそ改革の本丸。


総選挙。自公落として明るい未来。

 ここって、どこの国ですか?

 票数インチキし放題の電子投票制度導入

 野蛮な大量処刑を推進する裁判員制度

 目くばせだけでタイホ出来る共謀罪創設

 独裁国家並みのネット規制

総選挙で一揆を起こそう!!

 よろしかったらポチッと応援をお願いします!→人気blogランキング...続きを読む
posted by Francisco at 03:06| Comment(4) | TrackBack(12) | くらしの安全 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月09日

食は命・3 〜 赤提灯より緑提灯 〜

Dairy.jpg
酪農家もついにキレた



それにしても7月末のWTO(世界貿易機関)ドーハ・ ラウンド(新多角的貿易交渉)の、
非公式閣僚会合は、首の皮一枚だった。危ない危ない。
米中印の非難合戦の影で日本は完全にかすんで、07/29に会議が決裂しなかったら、
関税保護品目をガバッと減らされて、日本の農業、
たとえば小麦や酪農やサトウキビ、それから地方の多くの特産農産物は大ピンチ。

いまも時限爆弾の起爆装置は動き続けたままだ。

国内では毎年何万人の命をひねり殺しといて、
なんで外に行くとヤドカリみたいにササッと縮んじゃうわけ?

激動の日本をほっぽらかして、大臣が2人もジュネーブくんだりまで出てって、
税金使ってただ座ってるなら、事務方のトップに任せてスグ帰って来い!!
福田さん、内閣いじるたった5日前に、言ってたな。
「(大臣たちの外遊中に)改造の話を言うとまた大変ですから、きょうも言わない。フフッ。」

そのあげく、「合意に至らなかったことは極めて残念ですねえ(遠い目)。
(途上国の関税もろとも日本の農業をぶっ潰して大企業の工業製品をドッと売れるように)
他の加盟国(アメリカ様)と、今後の交渉の進め方を検討します。」

町村さんにいたっては
「中国とインドは(アメリカ様にタテついて)自国の利益を重視して、
(アメリカ様という)世界経済全体を考えない。
(アメリカ様という)世界経済全体に占める役割の大きさを自覚しる。」

この人たち、どこの国の閣僚なんだ。
あ、国ぢゃないか。。。合衆国ジャパン州でした。

2005年「郵政米営化」総選挙から着々と現政府・与党が準備してた、
農林水産業の完全破壊がいよいよ本格稼動し出した。

国益を守るために聞き分けのない国があったっていいじゃん。
荒れるなら、荒れりゃいいんだよ。主張をぶつけ合う場なんだから。

次は自分がお山の大将だと思ってるアソー閣下。
前もって言っとくけど、間違えても「ウチは核兵器持ってないし、
常任理事国じゃないからバカにされる」とか寝言わないでね。
んなの関係ありませんから。だいいちインドは常任理事国じゃないし。

みんな自国の産業の利益を守るのに必死なんだもの。
中国とインドの言ってることは当たり前のことだよ。
それが交渉ってもんだろ。
ヒラのサラリーマンだって、毎日営業の戦場でボロボロになって闘ってるぜ。

漁師さんに続き、酪農家の皆さん約2000名も07/31、価格値上げを求めて直接行動に出た。

乳価引き上げ求めデモ行進 県内酪農家ら都内で(信濃毎日新聞:080801)

『生乳再値上げを』 酪農家2300人 銀座でデモ(東京新聞:080801)

この間の全国一斉休漁のゼネストと、運輸業界からの突き上げにビビった政府は
曲がりなりにも態度を軟化させた。

薬害肝炎被害もそうだった。

みんなで怒れば動くのだ。
ヤッパリ我々「バカなB層の2級市民」から声が上がるのが一番怖いんだな(・∀・)!!

漁業者や運輸業者を支援 政府、原油高対策を公表(東京新聞:080729)

農家全体が本格的に抗議に立ち上がるのは時間の問題だ。
総選挙、首洗って待ってろよ、自公。
今、ほとんどの農家は、自公政権にだまされてたことに気付きつつあるから。

でも、その代償は余りにも大き過ぎる。。。
一国の文化と経済の基盤の破壊。

アメリカの大統領選が終わってからが正念場だ。
せめてドーハ・ ラウンド再開より、日本の総選挙の方が先になるように、
祈らずにいられない。
自公政権のままで交渉の場に戻ったら地獄の未来が待っている。

まあ、小沢さんが政権取ったとしても、経団連とアメリカ様の手から
日本の農林水産業をどこまで守ってくれるのかは非常にアヤシイ。
引続きみんなで監視し、騒ぎ続ける必要があることに変わりはない。

JanJanに、市民が「地産地消」を後押しし、国内の消費を呼び起こそう、という記事があった。
国が頼りにならない以上、農林水産業の体力を高めるには、これが一番でしょう。

食糧自給率を上げる=国産品をちょっとでも買う=子孫に恨まれずに死んでゆける

市民の力があればWTOなんて怖くない(JanJanニュース:080731)

「かつて、アメリカの圧力で大店法が改正され、大型スーパーなどの進出で、
 地域に根ざした商店街がつぶれていった経過を我々は体験した。
 あの時も、同じような知恵を持っていれば、今のような惨状は防げたのかもしれない。 」

「緑提灯」という運動が広がってるそうだ。
国産食材を愛する飲食店に緑提灯を飾ってもらう。
加盟店の資格は、カロリーベースで日本産食材の使用量が50%を超えてればOK。
応援隊の義務は、「赤提灯の店と緑提灯の店が並んでいたら、ためらわずに緑提灯の店に入ること」。
2005年、北海道小樽から始まり、現在1000店舗突破。

ウチの近所でもいつの間にか、料理のおいしい何件かの飲み屋さんに提がってた(^^)
緑提灯のHPを見てみよう。あなたの街の近くにもあるかも。


命おとすな、自民おとせ!

政権交代こそ改革の本丸!


総選挙。自公落として明るい未来。

 ここって、どこの国ですか?

 票数インチキし放題の電子投票制度導入

 野蛮な大量処刑を推進する裁判員制度

 目くばせだけでタイホ出来る共謀罪創設

 独裁国家並みのネット規制

総選挙で一揆を起こそう!!


よろしかったらポチッと応援をお願いします!→人気blogランキング...続きを読む
posted by Francisco at 12:47| Comment(1) | TrackBack(2) | くらしの安全 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月13日

食は命・2 〜 ある暑い夏の日 〜 銀座にて

不ラチなイシハラ暴政にNOを突きつけるため、昨日07/12の昼、銀座の大行進に参加した。
土地転がしと引き換えに築地市場を、毒まみれの島に移転させようとしているイシハラ一家。
皇室を巻き込んででもオリンピック招致を自分の勢力の金儲けの正当化のネタにしようなんて。
中卸・飲食店の方達はじめ市場関係者の、代々続く築地ブランドの死活を賭けて、4度目のデモ。

出発時点でざっと見渡すと、主催側・一般合せて、3000人くらいはいた。
小さな子供たちを先頭に、お年寄も大勢参加。都民の危機意識の高まりを感じる。
都や区の地方議員の方達のグループも、あちこちに。

朝の仕事を済ませ、仮眠も取らないままデモの準備をして下さった仲卸の方達に、
容赦なく気温30度を超える強い陽射しが照りつける。
疲れた体にムチ打って、みんなが冷たいお茶や、
ハチマキ兼日除け用のマメシボリの手ぬぐいを振舞って下さった。

「市場を考える会」の山崎治雄代表幹事の決起の挨拶に続き、
駆けつけた超党派の国会議員の方達が街宣車に登って激を飛ばす(^^)
 川内博史さん(民・衆)
 笠井亮さん(共・参)
 小池晃さん(共・参)
 田中康夫さん(新党日本・参)

みんないい顔してた。一貫して予定地の土壌汚染の深刻さと、
移転反対を訴えて来た面々に、ヤンヤの喝采。

ここで、イシハラさんや前原さんの「お仲間」、
民主党の鈴木寛(すずきかん)参院議員が登壇(- -)

「ワタクシはー、民主党の担当議員としてー、参院で土壌汚染対策法の改正案を
通しましたあーっ!民主党は築地がマニュフェスト!次の選挙よろしく!!」

なんか、一番声が大きくて異常にテンションが高かったけど
心なしか拍手もまばらで、違和感が漂っていた。
選挙のことは、この場では趣旨が違う。。。
本心から食の安全を金融資本やハコモノ建設より大切だと思ってるなら嬉しいけど。。。
極右教団「日本会議」所属の選対担当で、悪魔の制度電子投票推進で名前が見え隠れしてるし。
今後の政局に、一瞬たりとも油断がならないのを改めて認識したよ。

ちょっと興ざめでムッとした気分も、テリー伊藤さんのお兄さん(場外店舗の玉子焼きで有名)
の顔を目にして、救われる。
今や自公の広告塔にされてしまった弟さんを、見守るお兄さんの心境はちょっと複雑なのかもね。

徹夜の疲れで声が枯れがちな水産業者の皆さんの心意気に応えようと、
一般参加者の声は、自然と大きくなる。
夏の暑さよりも都民の心の熱さが勝っていた、ワクワクするひと時でした。

中央警察の協力による交通整理の下、道行く人達と挨拶を交わしながら、デモ隊は整然と行進。
サミット警備直後で、しかも暑い中、おまわりさんもホントにお疲れ様でした。
一人一人の警察官は、まじめに頑張ってるのに、指揮を摂るエライ人たちがねえ。。。

それにしてもTBSのWEBニュースやレイバーネットが書いてるように、参加者は1000〜2000人はいた。
NHKや、自民党の機関紙・サンケイも700人と言っている。
朝日のWEB版のタイトルが「300人」って、何だ?
これは、わざとなのか間違いなのか?
RSSリーダーで記事を拾ってる人は、このタイトルだけ見ると、300人だけだったと思うだろう。
何を怖がってるのかな。。。大丈夫なのか、朝日新聞。

写真速報 : 世界の築地を壊すな!移転反対デモ(レイバーネット様:080712)

きょう07/13は都庁第2庁舎で
「第8回 豊洲新市場予定地における土壌汚染対策等に関する専門家会議」がある。
「市場を考える会」は移転反対申し入れの書類を叩きつけてくれるるそうだ。
引続き注視したい。

rolling bean様の丁寧な記事をドゾー。
「壊すな築地 7.12 東京大行進」に参加しました!
 (画像に加え、多少の考察と情報付)(Like a rolling bean (new) 出来事録様:080712)



デモに行ったついでに、Apple StoreにiPhoneを触ってきた。
(あくまでもデモが主目的ですよ、念のため)

ぐあああ、やっぱり気持ちイイ!! ジタバタ ヾ(><)ノシ ジタバタ

タッチパネルだけで操作すること、
ブラウジングがPCと同じインターフェイスでできること、
これだけでケータイの使い方が完全に変わるのは間違いない。

いまこの瞬間、モーレツにキャリア乗り換えたいけど、
10年以上使ってるdocomoの割引プランを捨てるのは
あまりにも酷なのよ。

ああ、ビンボー人。

NTTさん、どうせ時代は変わるんだから、意地張ってないで
Apple に金払って来年当たり、サクッとiPhone出しちゃいましょうよ。

夜のTBSのニュースショーではクボジュン氏が
  「2台目にはいいけど、巾が大きいし、お財布ケータイもついてないし、
   長いネールの女の子じゃ打ちにくいし、ただのオモチャですね!!」って、
この日、ソフトバンクのiPhoneキャンペーンで上戸彩さんがナマ出演してただけに、
やっぱNTTとKDDIが焦って電波出しまくりなのには、思わず苦笑。


続きを読む
posted by Francisco at 11:00| Comment(7) | TrackBack(32) | くらしの安全 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月30日

食は命。

against_BSE.jpg

韓国の市民の抗議行動が止まらない。逮捕者が出ても勢いは衰えない。
徹夜でローソクを手にした、人、人、人。。。

試練の白い花(薫のハムニダ日記様:060829)

そりゃそうだよ。

 狂牛肉だぜ。

 脳ミソがスカスカになって死ぬんだぜ。


日本も、1年前、輸入肉の全数検査への補助金を国は打ち切った。
自前でカネを出すのは誰だってイヤだもの。
結局、BSEの危険がないかどうか判らない肉が全国に流通し、
ハム・ソーセージ・肉団子・餃子やファーストフードやお菓子や
調味料やカレーやカップラーメンや薬に姿を変えて、みんなの口に、
知らない間にドンドン入っている。

狂ったグローバリズムにホイホイ乗って、国民の暮らしの安全になんざ
みじんも興味のない自公政府。

韓国の緊急事態を、TVのニュースショーやバラエティーでは
「格差拡大や失業に対する八つ当たり」って盛んに騒ぎ立ててる。

洗脳され、だまされたまま、時限装置つきのロシアンルーレットの
引き金を毎日引き続ける日本国民。

このたびめでたくイ・ミョンバク(李明博)大統領の「ご意見番」に就任された
竹中平ちゃんが、連日メディアに出演あそばされて、
「格差はコイズミ政権以前から開き続けてたの!諦めなさい!」
「痛みなくしてカイカクはないの!」
「食糧が高いなら、生産国に、もっと安い値段で作らせりゃいいの!」
っておっしゃってますが。
郵政米営化のごほうびにアメリカ様から100億円もらって、
ニューヨークに超高級マンション買って、
なに寝言いってんだか。

圧政が横行しても、態度で示さない限り、いいようにひねり潰されるだけだ。

 郵便貯金は、アメリカのギャンブルにに突っ込まれた。すったらおしまい。

 来年からは、保険料の払えない高齢者はホントに殺される。

 青森を始め、日本中が放射性物質の置き場になろうとしている。

 「共謀罪」が創設されれば、こんなこと書いただけで豚箱行き。

 刑務所民営化ビジネスで、収監者を増やすことが至上命令。

 裁判員で呼び出される時、自民党への忠誠心が低い国民はブラックリスト。

 電子投票のデータ偽装で、自民・公明が永遠に政権の座に。

日本で最近ガチの抗議行動が起きたのは、大阪・釜ヶ崎のドヤだ。
彼らが一番政治に敏感だから。
「ここで踏ん張らないと命をとられる」人は、一揆を起こすしかない。
物影から見てただけで、警官隊から放水の顔面直撃を受け、
失明の危険に直面している方もいる。もちろんオカミ側はムシ。
正義の抗議行動がナゼか「暴動」と報道される国。
ソウルのみんな、大丈夫かな。。。
あっちでも一方的に水を撒かれ、ボコられてるそうだ。

みんな他人事じゃない。
明日、今日と同じ生活が必ずできる、って言い切れる人いるかい?

全漁連は燃料高騰に異をとなえる為に、06/25〜26のイカ釣り船のストに続き、
07/15に約20万隻の全国一斉休漁の画期的な「ゼネスト」をするそうだ。
養殖業・遠洋漁業ども加わり、すべての魚種、漁法で窮状をアピール。
「ここで踏ん張らないと命をとられる」ってことなんだよ。

がんばれ全国の漁師さん!!

自分のふるさとを無視するって事が、どういうことか、みんなで考える
大切な機会にしたいね。

週末に大学のOB会で先輩の建築家から住宅の最新プロジジェクトを見せて頂いた。
材料も完成後の運用も、徹底したエネルギー消費抑制の思想で貫かれている。
壁土すら現地の土を調達。
構造体も、第一線の学者を動員して、そこで手に入る材料の新技術開発。
大いに勇気が出た。恩師も他のOBも痛く感動した。日本酒がうまい。
完成、プレス・リリースが今から楽しみだな。
やっぱ、これからの暮らし方は、これだよ。

地産池消。

そうそう。先輩は、丁度ローソクデモが始まったときに、たまたま
仕事でソウルに滞在、肌で市民運動の熱気を感じたとおっしゃってた。

 よろしかったらポチッと応援をお願いします!→人気blogランキング
posted by Francisco at 02:05| Comment(0) | TrackBack(14) | くらしの安全 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月28日

日本の原発が他国の手に落ちる?

長周新聞を見てブッたまげた。
ここまで日本がアメリカ様の言うとおり「原子力立国」に運命を賭けてるなんて。
欲に目がくらんだ、ひと握りの連中と巻き添え心中なんてゴメンだね。

とにかくご一読下さい!!!

上関原発強行に動く政府
 県知事選の重要争点に アメリカと財界が乱造へ(長周新聞:080620)


山口・上関原発の建設用地として埋立地を造る申請が県に提出された。
埋立地に原発かよ。

国は何が何でも強行突破の構え。
どうするよ、二井県知事さん。

先日06/14の岩手・宮城内陸地震でも東電・福島原発で、
第一報では「問題がナシ」と速報を機械的に打ったものの、
実際は第二原発の施設内で、放射能を含んだ水29リットルが漏れてた。
地震国であるだけでも、日本は原発の建設には不向きなのにねえ。

スグそばの岩国基地の規模拡大を考えれば、ここに原発ができるって事は、
改憲で自衛隊が他国を侵略攻撃可能な世の中になったとき、
報復の攻撃目標になるのは間違いないだろう。

広島・長崎をしのぎ広域に及ぶ放射能の海。

2010〜2011年の改憲の動きを封じないと、とんでもない事になるかもね。

● ● ●


かと思えば、長周新聞でも触れてるけど、Jパワー(電源開発)が大騒ぎになってる。

Jパワーを飲み込みに来ている英国の投資ファンド
「ザ・チルドレンズ・インベストメント・ファンド(TCI)」(株式約10%所有)が

 「ミカジメ料(配当)が足んねーんだよ」
 「ウチの若頭(役員)を置かせろ」
 「カタギの番頭(経産省の天下り)クビにしろ」

って言ってて、政府・経済産業省と国際金融資本との間で
ドタバタの攻防が続いてる。

欧米の国際金融資本:
 「年次改革要望書どおり電力事業開放しねーと、タダ置かねーからな」

政府・経済産業省:
 「合衆興業の親分さんの頼みでも、フルMOXはゼッタイ放しやせん」
「固い事ヌキでBRICS諸国の原発市場から一緒に甘い汁吸いましょ」

06/26はJパワーの株主総会だった。国のウラ攻勢の努力(?)が実って
今回は「増配要求」「株式持ち合いの制限」は否決されたけど、
「自社株買い」への賛成も3割弱しかなかった。まだまだ成り行きは分からない。

国は何としてでも、Jパワーが青森・大間に計画を進める黄金の山、
「MOX」原発
を外資の手から守りたいところ。
ウランとMOXを混ぜて燃やす「プルサーマル」よりもっとヤヴァい「フルMOX」。
「ガソリンを燃やすストーブ作りました。超安全です。」って感じ。

青森・六ケ所村では、使用済み核燃料再処理工場で作ったプルトニウムを
MOX燃料に二次加工する工場が準備中。
この燃料施設の準備だけで何兆円も血税を投入しちゃってるからな。。。

原子力安全委員会の原子炉安全専門審査会は080414、大間原発の計画の審査を終了、
経産省に「計画は妥当」と答申した。
甘利経済産業大臣は080423、準備してたみたいに、ソッコーで原子炉設置を許可した。

開催まであと10日を切った洞爺湖サミットでも
「ちきゅうにやさしい原発をガンガン作りましょうねっ、ねっ、ねっ?」
ってやるんだろう。

カネになるなら他国にいくらでも貢ぎ、カネを取られそうになるなら
なりふり構わず死守。
いつでも国民は不在。

だからさあ、こんな小さな国土に全人類を無限回殺せるくらいの猛毒を
セッセとてんこ盛り集めてどうすんのさ、ってみんな言ってたじゃん。
こんな場当たり的で近視眼的な政策じゃ、国内のあちこちの原発が
他国の管理下に入る日
も遠くない気がする。

マジでヤヴァいよなあ。。。

これが戦争商人と組んだ資本の手で軍事転用されたら厄介だよ。。。
(自公政府の手で軍事転用されても厄介なことに変わりないが)

恐怖のM&A地獄はこんな形でも日本国民の暮らしを脅かす。

去年サミットで安倍さんに『三角合併マンセー』なんて言わせてた時には
こんなの想定してなかったでしょ?自民・公明さんよ??

結局、自公政府は利権が惜しいだけで、国民の安全なんざ
これっぽっちも考えちゃいない、って事がまた証明されたワケだ。

080619、大間原発建設に反対する全国の申立人4,541名の申立書が、
甘利経済産業大臣宛で、経済産業省原子力安全・保安院へ提出された。

 ストップ!上関原発!

 大間原発原子炉設置許可処分対し経済産業省へ異議申立書を提出
 (大間の海は宝物、函館の海も宝物、子孫へ残そう宝の海を様:080621)


 ストップ大間原発道南の会

 ストップ ロッカショ.JP - ちょっとまってよ、再処理工場!

 STOP-ROKKASHO.ORG.

 鎌仲ひとみ監督・ドキュメンタリー映画『六ヶ所村ラプソディー』〜オフィシャルブログ


総選挙。自公落として明るい未来。

票数インチキし放題の電子投票制度導入
野蛮な大量処刑を推進する裁判員制度
目くばせだけでタイホ出来る共謀罪創設
独裁国家並みのネット規制

みんな総選挙の一揆でリセットだい!!

 よろしかったらポチッと応援をお願いします!→人気blogランキング


参考:大間原発計画と福島原発の記事

 ↓  ↓  ↓
...続きを読む
posted by Francisco at 09:30| Comment(2) | TrackBack(0) | くらしの安全 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月27日

食の安全を守るのは誰なんだろう。

四川大地震が起きてからも相変わらず中国の食品がバッシングされているけれど、
当の中国では、2001年9月に日本でBSEが発生して以来、日本産の牛肉を輸入していない。
箱には「カニ」、中は牛肉 密輸出の疑い、北海道警捜査(asahi.com:080520)

なんだかんだ言っても、アメリカと日本みたいな国の与党は例外で、大多数の国では
自国民の食の安全が、重要な国家の安全保障だという基本認識がある。
イギリスも前政権の時の手痛いツケに苦しんでいる。
畜産はボロボロだし、「ヒトの狂牛病」、クロイツフェルト・ヤコブ病は静かに国民生活を蝕み続けてる。
これを知りながら日本政府は利権の追求ばかりで、やるべきことは全然しない。

アメリカのBSE対策が疑問視される中、
大手イオングループもアメリカ牛をこの4月終わりから、ドッと売り始めた。
吉野家牛丼もアメリカ牛で再稼動。

「すき家」を所有するゼンショーグループは、アメリカ牛の安全性が確保できるまで、
オーストラリア・ニュージーランド産で行く、と正式に言っている。
業界の人は、ヤッパリ危険を分ってるんだな。

国外に持ち出された和牛の精子でアメリカなどで生まれたウシの肉が、
ニセ和牛として取引されている現状を見ると、
中小の格安スーパーに並ぶ「激安和牛」なんかは不安がよぎる。
民間の悪徳業者を叩くだけじゃなく、国が防波堤にならなきゃ、救いがない。

「消費者庁」も、「宇宙基本法」もイラネ(゚Д゚)

国民と民間企業の締め付けや、宇宙の軍拡競争を進めるための憲法違反の「宇宙基本法」に
血税を大量投入する余裕があるんなら、もっと安全な食い物を国産で自給できるようにしてくれよ。
食糧輸入が止まって富裕層以外が餓死したり、長い長い潜伏期間の後で、
忘れた頃に働き盛りの人間が大挙して脳ミソスカスカになってたんじゃ、どーにもならん。

移民と言う名の「新・ワーキングプア層」を4000万人も入れて、
色々理由付けちゃ国籍もとらせず選挙権も与えず、
税と社会保障費だけ搾取するからいい、ってか?

上に立つ人間は、自分のことだけじゃなく、社会をもっと真剣に考えて欲しい。

少し前には韓国が大騒ぎになっていたじゃん。
何って、アメリカ産の狂牛肉の輸入条件緩和でさ。

韓国政府・与党 米国産牛肉輸入条件再交渉も 日米交渉の結果を見て(農業情報研究所様:080505)

「コリアンドリームを実現した男」として鳴り物入りで、
現代建設のトップから大統領になったイ・ミョンバク(李 明博)さんは、
ブッシュ政権からFTA(自由貿易協定)締結の見返りに、年齢制限を外し、
危険部位だった脳・脊髄なども輸入するようよう要求され、飲んだ。

大きな賭けだったと思う。

確かに、コンピュータ・電子部品や自動車にドバッと関税かけられたら、
せっかく苦労して復活させた韓国経済へのダメージは大きい。

でも、狂牛肉の輸入緩和に国民は激しく反応。

大統領府の首席秘書官たちのウラ金疑惑なんぞ、BSEの恐怖に比べたら小さなもんだ。
5月始めにはソウルの都心の広場で、1万人の市民がローソクを点して徹夜の座り込み抗議、
「大統領やめろ!」のWEB署名がナンと100万人分も集まるなどで、
大統領支持率は一時20%台にまで落ち込み、就任早々苦境に立たされている。
結局、5/22に大統領はお詫びの声明を発し、理解を求めた。

李大統領対国民談話「BSE問題、恐縮している」(韓国・中央日報:080522)

しかし、一度YESと意思表示しちゃった以上、米国産の牛肉をもう買いませんとは、スグには言えないだろう。
アメリカは制裁をする時には、情け容赦なくする国だ。
「この痛みに耐え、苦しくとも国民が力をあわせて立ち向かおう」、と呼びかけて賛同を取る以外に方法はない。
行くも地獄、戻るも地獄の新自由主義貿易の荒波の中で、舵取りを迫られる新政権の懊悩(おうのう)があぶり出された。

 「“国民の健康はどんなものとも代えることができない”という政府方針は確固たるものだ」

 「政府は米国と追加で協議を経て輸入牛肉の安全性が国際基準に符合するのはもちろん、
 米国人の食卓に上がる牛肉とまったく同じという点を文書で保障してもらった」

 「国民の健康を脅かす状況が発生した場合には、すぐさま輸入を中断する主権的措置も明文化した」

苦しいなあ。。。「狂牛病患者が出るまでやめません」じゃ、国民は納得しないよな。

どうしてこういう騒ぎになるかというとですねえ。。。

韓国の国民は、BSEの危険がどこまで迫っているか、日本の国民より
ずっと正確に知らされているから。
だから、なし崩し的に米牛肉が輸入されても、やっぱり売れないので、
輸入量がガーンとは増えていかない。
それでアメリカ様がまた怒る、という図式になっている。

つまり、これでも韓国の情況の方が、日本国民の面している危機より、ずっとマシという事だ。
だって、ヤヴァイってことが社会の表舞台で語られてるんだから。

上の記事で農業情報研究所様が注意を喚起している。

 『(韓国の)政府・与党は米国食肉処理場の監視や違反があった場合に取る措置を強化するとともに、
  「現在進行中の米国と日本、米国と台湾間の牛肉輸入交渉を見守り、韓国に不利な条項、
  抜け落ちた条項がある場合には追加交渉を求める方針を固めた」そうである。

   日本政府がいい加減な妥協に応じると、類は韓国国民にも及ぶことになりそうだ。』

去年から農務省・食肉メジャーを中心とするアメリカの牛肉輸出推進派は、
韓国をFTAで兵糧(ひょうろう)攻めにし、落城した所で、日本と台湾を本気で攻めるつもりだった。
そして、韓国は曲がりなりにも「落ちた」。

ターゲットは確実に日本と台湾に移った。
台湾と中国が急接近するのを見てると、取り残されちゃったのは確実な気がする。。。
政治的にいくら対立しても、中・台は文化的には同胞だ。
いよいよとなったら、中華圏はひとつに団結するだろう。当たり前だ。

危険部位や年齢制限の解禁に最後まで反対し続けた故・松岡元農水大臣の不審な死は、
どうもこの問題と無関係とは考えられない。
人の命をカネでどうにでも出来ると思ってる国際金融資本と、
その手下になってペロペロと舌を出し続ける自公政権・腐敗官僚とその用心棒たち。

そうこうしている内に、関東地方の台所、築地市場のムリヤリ移転計画に関して
「豊洲新市場予定地における土壌汚染対策等に関する専門家会議」の正式発表が出た。
関心が高まり、40席しかない傍聴席を求めて377人が並んだそうだ。
Rolling Bean様が丁寧かつ多角的にまとめて下さっている。
今回も渾身の記事。ぜひ見に行って欲しい。

都政はお金で住民の健康リスクを売ることを「成果」と考えてきたのですか(豊洲専門家会議の結果公表)(Like a rolling bean (new) 出来事録様:080520)

豊洲新市場の施設計画と汚染調査結果のマップなど(「オリンピックを考える市民の会」の方々とのお話)(Like a rolling bean (new) 出来事録様:080525)

ヤッパリ予定地の埋立地「豊洲」の西半分は、毒物・発ガン物質の海だった。
元々東京ガスのプラントの跡地だからね。
最初からムリなのは市場関係者の多くが指摘して反対してきた。

ベンゼンやシアン化合物、ヒ素、鉛、水銀、カドミウムで汚染されまくりで、
とても食べ物の基地を置ける場所ではない事が改めて証明された。

表土を2-3m入れ替えたって、地下水脈が汚れてる可能性は高いし、
地震になれば液状化した毒混じりの砂と水が噴出するだろう。
海抜が低い場所だから、万が一、高潮などで災害が起きたら、
地中深くしみこんだ毒物が市場にどう影響するか、分かったもんじゃない。
築地市場が消えてれば、食べ物をまともに供給できない、なんてことも起りうる。

築地の跡地をオリンピック・プレスセンターにって、イシハラさんよ、
今年北京でやって4年後にロンドンでやって、その直後に
もう1回東アジアでオリンピックやるハズないのは、判ってますよね?
それに東京は、すでに1回やってるし。

よーするにこのヒトはオリンピックがホントに来るか来ないか何ぞより、
ハコを建てて、おこぼれ頂戴したいたいだけなんだよ。

しかし、「天網恢恢(てんもうかいかい)疎にして漏らさず<老子>※」とはよく言ったもので、
この腹立たしい国民ムシの謀略を阻止できるかもしれない「きざし」が見えている。

 ※天の神様が投げ込む網は、巨大で目は粗いが、 悪事を見逃すことはない、という意味。

「土壌汚染対策法」が2002年にできた時、「それより前に用途転換した土地はセーフ」
という、イシハラ知事の豊洲市場計画」を助けるだけの為と思われる附則がくっ付けられた。
それで、豊洲ではどんなに毒物が出てもセーフ、って事になってたそうだ。

元環境庁長官をしていたコネの圧力で、環境省に「豊洲移転OK」の条文を足させたらしい。
民主党の川内博史・衆院議員が中心になって、このふざけた附則を廃止する法案が
国会に出されていて、先週参院の逆転国会で審議されたそうだ。
結果どうなったのかな。楽しみだ。
ザマみろ。まずは参院で廃止だい。

最悪、衆院でひっくり返ったって、話題になればこっちのもんだ。

080528追記:昨日、国会筋の方にお聞きしたら、参院では通ったけど、
      予想通り衆院で強行否決され、ひっくり返ったそうだ。
      グヤジイ〜 (TへT)
      でも落ち込んでられないのだ。総選挙が待っている。
      見てろよー、悪代官どもめ。

Rolling Bean様の上記の記事でも引用されているオーマイニュースの記事を
ここでも引いておく。

(引用開始)
 豊洲の用地は、環境基準を超える汚染が明らかでありながら、法的には汚染地域に指定されていない。これは、2002年成立の土壌汚染対策法に、「それ以前に用途転換した土地については法の適用を除外する」という内容の附則が付いているためだ。



 だが、この附則は、国会で審議された形跡がなく、環境省がいつのまにか付け加えたものとみられている。東京都の豊洲の土地購入は法の成立・施行時期と重なっているが、汚染が問題にならなかったのはこの附則のおかげで、「環境省が、元環境庁長官である石原都知事を助けるためにこの附則を入れてたのではないかと言われても仕方がない」(川内博史・衆院議員、民主党)と指摘されている。



 この附則を撤廃する法案は、川内議員の働きかけですでに国会に提出されている。今週中に参議院で審議・採決が行われる予定だ。附則が撤廃されれば、豊洲は名実ともに“汚染地帯”。生鮮食料品を扱う市場の移転には、国レベルでストップがかかる可能性が出てくる。

(引用おわり)

心ある野党議員の怒りはすさまじく、既に昨年071119に共産党の笠井亮(あきら)衆議院議員が中心になって、
福田内閣の対応をただす質問主意書が出されている。

「環境省自体が土壌汚染対策法は食品の安全を担保しないと言っているのに、政府はどう考えてるのか?」
「汚染された用地に移転した場合の食の安全性を判断する科学的な根拠・基準を国は研究・検討示してるのか?」
などの質問は、アヤシイことは事前にやめとく「予防原則」の考えも交えた、真摯なものだ。

これに対する071127の福田首相の答弁書が、なんともビックリするもので、
「都に対し、食の安全性・信頼を確保するよう科学的対策を講じ、消費者説明して理解を得るよう求めてる。」
「都から移転の認可申請があれば『適切に判断』する。」
「(食の安全性を判断する科学的な根拠・基準について)国が研究や検討を行ったことはない。」
と言う事だった。

イシハラさんに任せたので、国は関係ないですよ。フッ。
都が移転できるって言って、申請すれば、認可しない理由はないでしょ。
国が作るんじゃないし。
って事だろう。

詳しくは笠井さんのWEBを見に行って欲しい。
【07.11.19】築地市場移転問題で質問主意書を提出
  卸売市場法や土壌汚染対策法からも国の直接の責任が問われている

【07.11.27】築地市場移転問題で政府答弁書

とにかく、もう国民の暮らしを守れない、いや、守る気が全くない自・公には野に下って頂きましょ。
当面の食の安全は、心ある国会・地方の野党議員の皆さんと力を合せ、国民が自分で監視し、守るしかない。

結論:食の安全を守れるのは、自分自身。

じゃ、合言葉行きましょ。

総選挙。自公落として明るい未来。

よろしかったらポチッと応援をお願いします!→人気blogランキング...続きを読む
posted by Francisco at 08:55| Comment(3) | TrackBack(11) | くらしの安全 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月14日

『共謀罪』・『ロス疑惑』・『電子投票』まるでドラマのような地獄が口を開ける

とにかく問答無用で人を逮捕できるようにする悪法、「共謀罪」。
アメリカ主導の軍需産業からエライ人がおこぼれを頂戴することと引き換えに
国民の命を戦場に差し出すための2011憲法改変を確実にしたいから。

1.子供たちの洗脳を狙った教育関連三法の破壊は去年強行された。
 18歳から選挙権を与えようとしてるのも、今、中学生を洗脳すれば
 3年後に集票に使えるからだ。

2.天下の悪法、えん罪大量生産を狙った裁判員制度は来年ローンチする。
 死刑など極刑を出したがる人だけを、裁判長が選ぶことができる。
 いずれ自民は、殺人などの重罪だけでなく思想犯にも範囲を拡大するだろう。

改憲に先立って、ハードルは一つだけになった。

すでにリーチだ。


国内の「普通に生活したい」という「反政府思想」を
封じ込める為の共謀罪。

道路特定財源や年金・保険のゴタゴタで、自公政権は表面上は大っぴらに国会で
共謀罪の法案を扱えなくなっている。

4月共謀罪審議入り困難 サミット前成立ならずか
 4・25国会前行動から、5月廃案攻勢へ
 (共謀罪新設反対 国際共同署名様:080408)


しかし、水面下では確実に根回しがうごめき、様々な省庁があの手この手で
インターネットを含めた言論・表現活動の封殺をするような法令整備を進めている。
刑務所のPFIによる民営化も始まり、囚人を増やせば増やすほど
カネがあふれる天下り先が増える構造も整った。

下記は少し前の話題だけど、一瞬も期を抜けない状態が続いているので
引続き注意を喚起する為、このブログでも取り上げる。

よみがえる亡霊『共謀罪』  『ロス疑惑』呼び水に?(東京新聞「こちら特捜部」:080306

国による「共謀罪への地ならし」のマスメディア操作が画策されてる事を、
東京新聞が、控え目ながら、勇気を持って打ち明けている。

(前文引用開始)
 27年の歳月を経て亡霊のようによみがえったロス疑惑事件。因縁を感じさせるのが、久しく影をひそめていた「共謀罪」が、事件を契機に再び脚光を集めていることだ。それも難事件を解決できる「伝家の宝刀」として。そういえば日本の共謀罪法案は、いまだ継続審議中。いつでも「解凍」でき、鳩山邦夫法相は今夏のG8サミット(主要国首脳会議)に向けて成立に意欲を見せている。事件は、渡りに船であるにちがいない。要注意だ。 (大野孝志、関口克己)

(前文引用おわり)

取材の現場にいるジャーナリストたちが、これを知らないはずがない。
全国紙の大新聞は、会社への広告代理店や系列TV局からの圧力で、書きたくても書けないんだな。
以下本文をBecause It's There様の記事から孫引きさせていただく。

Because It's There様、この新聞記事を取り上げて下さってありがとうございます。

(引用開始)
「よみがえる亡霊『共謀罪』  『ロス疑惑』呼び水に? 「恐ろしさ」忘れる恐怖2008年3月6日

 27年の歳月を経て亡霊のようによみがえったロス疑惑事件。因縁を感じさせるのが、久しく影をひそめていた「共謀罪」が、事件を契機に再び脚光を集めていることだ。それも難事件を解決できる「伝家の宝刀」として。そういえば日本の共謀罪法案は、いまだ継続審議中。いつでも「解凍」でき、鳩山邦夫法相は今夏のG8サミット(主要国首脳会議)に向けて成立に意欲を見せている。事件は、渡りに船であるにちがいない。要注意だ。 (大野孝志、関口克己)

◆皮肉な因縁 三浦元社長は一貫し反対

 逮捕された、三浦和義元雑貨輸入会社社長(60)は今、南の楽園サイパンの留置場の中。ロス郡検察は同容疑者の米国本土への移送に向けて手続きを進めているが、弁護人らの抵抗もあり、まだ結論が出るまでは時間がかかりそうだという。

 逮捕容疑は第1項が1981年年11月月18日ごろにロサンゼルス市内で当時の妻・一美さんを殺害した疑い。第2項が81年7月14日から82年7月9日にかけ、元女優や氏名不詳の者らと、一美さんを殺害して保険金を得るという犯罪の共謀行為をした疑い。

 つまり日本では無罪となった殺人罪とは別に共謀罪が加わった。

 このあたりの事情を共謀罪に詳しい関東学院大の足立昌勝教授が分析する。

 「処罰可能な共謀罪とは、最低2人の人間が犯罪の実行を合意し、加えて何らかの行為(徴表的行為=overt act)をしていること。今回の事件は、日本でも有罪となった元女優による殴打事件を徴表的行為とすることで、十分に共謀罪が成立すると判断したのではないか」

 それにしても、「共謀罪」という言葉を聞かされた三浦元社長の心中は、どうだったか。

 なぜなら同元社長はこれまで、日本に共謀罪を導入することに三浦元社長は一貫して反対する立場を表明してきたからだ。インターネットのサイトでは、共謀罪反対の呼び掛け人にも名を連ねている。

 作家の宮崎学さんは数年前、大阪で開かれたシンポジウムで聞いた、三浦元社長の発言を覚えているという。

◆「ありがたいキャンペーン」

 「『共謀罪が出てくると、司法取引が盛んになり、大変な世の中になる』というような意味のことを言っていた。自分のような烙印(らくいん)を押された人間は不利になる、そんな社会はいやだ、という意味だろう」

 三浦元社長は共謀罪が自分に適用される可能性を見越して、研究を深めていた…といった推測も成り立つ。が、宮崎さんは「彼はそこまで用心深くはない。脇が甘い」と否定的だ。

 三浦元社長と親交のあるモッツ出版の高須基仁社長は「最高裁で無罪が確定した後、人権問題を入り口にし、反権力の意味で共謀罪に反対する意識があったのではないか」と振り返る。

 インターネットサイト「オーマイニュース」社長で、「週刊現代」元編集長の元木昌彦さんは「彼は共謀罪に興味を持っていただろうが、具体的に反対運動にどこまで参加していたのか、記憶がない」とした。

 いずれにしても、三浦元社長にとっては、きわめて皮肉な結果になった。

 しかし前出の足立氏は「それだけで済む話ではないかも」と、こう続ける。

 「共謀罪を日本に持ち込みたい人にとっては、これほどありがたいキャンペーンはない。テレビで一美さんの遺族が被害者感情を吐露して涙を流すたびに、共謀罪があった方がよいと考える人は増えるでしょう。共謀罪の危険な側面が忘れられてしまう」

◆サミット前 法案成立急ぐ政府

 共謀罪とは、どんな犯罪か確認しておこう。

 目的は、テロリストやマフィアなどの国際犯罪組織による犯罪抑止にあるという。犯行に至らなくても、話し合っただけで罪に問われる新たな犯罪類型だ。政府が批准を目指す国際組織犯罪防止条約に合わせ、共謀罪を盛り込んだ組織犯罪処罰法改正案は対象犯罪を「懲役・禁固4年以上」のものとしている。該当する犯罪は刑法犯を含む600以上と膨大だ。

 法案は2003年3月に国会提出された。しかし、野党が「労働組合や市民団体などの活動にも適用されるおそれがある」などと猛反発を続けており、廃案と再提出、継続審議を繰り返している。

 自民党は昨年2月、共謀罪を「テロ等謀議罪」と名称変更し、対象犯罪も当初の4、5分の1程度に削減する修正案の要綱骨子をまとめた。しかし、政府・与党は昨年夏の参院選への悪影響を懸念し、法案成立は先送りしたままとなっている。

 今年7月の北海道洞爺湖サミットでは、地球温暖化対策に加え、テロ対策も重要な課題に上る見通しだ。それだけに、政府は共謀罪がいまだ制定できていない状況に危機感を募らせている。

 参院選後の昨年8月に就任した鳩山邦夫法相。就任会見の言葉は率直だった。

 「(国際組織犯罪防止)条約に国内法がないから入れないのは情けないことであって、きちんとやらないといけない。サミットに並行して、法相・司法相サミットみたいなものが同時開催される時に、(日本が)条約締結していないのは非常に困る」

 法相の発言を言い換えれば、「自分がサミットで世界の恥さらしになりたくない」ということだろうか。

 鳩山法相は通常国会前半までに成立を目指す方針を重ねて表明。国会審議でも「組織的な犯罪が怖いという時代の変化がある。それはテロでもあるし、いろんなシンジケート団が暗躍する(こともある)。そういう中で、日本だけがG8の中で締結していない」と、日本の“孤立”ぶりを強調。「労組や市民団体が何かやったということは一切関係ない」などと、野党の理解を得ようと必死だ。

 法務省サイドとすれば、6月15日までの国会会期を控え、1日も早く法案審議に入りたいところ。しかし、来年度予算案や道路特定財源をめぐって、与野党の激突が続いており、議論の舞台となる衆院法務委員会は開会の見通しがたっていない状況だ。

 法務委関係者は「委員会が開かれるのは、参院の予算案審議が動き出す今月中旬以降。しかも参院は共謀罪に反対の野党が過半数を握っており、成立は困難な情勢は間違いない」。

◆「すごい武器」 国民意識に微妙な変化

 そんな状況で突然降ってわいた三浦元社長の逮捕だった。共謀罪に反対する日本弁護士連合会の共謀罪等立法対策ワーキンググループ事務局長を務める海渡雄一弁護士は「今の国内世論は『すごい武器を使って、悪者を捕まえた』という雰囲気になり、恐ろしさが薄れた」と国民の認識が微妙に変化しつつあることを危惧(きぐ)する。

 「別の人を容疑者や被告に置き換えて考えてほしい。ある犯罪で有罪にできないからといって、共謀罪で立件しようとする事態がまかり通ってよいのか。冷静な議論が必要だ」とも。

 同グループ委員の山下幸夫弁護士も「政府・与党は三浦元社長逮捕をおおいに活用するのではないか。共謀罪に厳しかった世論が変わり、廃案を求めてきた民主党も修正に応じる可能性がある。サミットを前に、鳩山法相は民主党案を丸のみしてでも成立させかねない」と危機感を募らせている。さあ、立ち止まって考えてみよう。


<デスクメモ>

 テレビを見ていたら、なんと27年前の自分がいた。三浦元社長の車を囲み、押し合いへし合いする群れの中に、駆け出しのへっぽこ記者がいたのである。他社の仲間がタイヤに足を踏まれて転がっていた。悲鳴と怒号と…何だったんだ、あれは。軽挙妄動するな。本質を見極めろ。あの教訓をかみしめて。(充)」

(*見出しの文章は紙面のままですが、文中に適切なところと思われる位置におきました。)

(引用おわり)

大野孝志、関口克己両氏に拍手を送りたい。
お二人とも、くれぐれも暴行魔やチカンに仕立て上げられて
国策逮捕されないように
、身辺にはお気をつけ下さい。

だから何としてでも、04/27(日)投票の山口2区・衆議院補欠選挙では
民主党の中で一貫して共謀罪新設に体を張って反対し続ける
平岡秀夫さんを必ず勝利させよう!!

プログラムを政権側が改ざんすれば、得票数をいくらでも変えられる
電子投票制度も、ジワリジワリと実施へ向けて地ならしされてる。
ヤバイ、ヤバイ。
選挙の自由まで奪われたら、ホントにおしまいだ。

時間がないので、とりあえず緊急で記事紹介。是非見に行ってください。

国政にも「電子投票」を導入する「特例法改正案」に反対します。
 (ふじふじのフィルター様:080410)


電子投票法合意、民主の担当筆頭理事・福山哲郎参院議員事務所
 に電話し秘書のウスイさんと話して報道の真偽、予定など聞いてみました。
 (雑談日記(徒然なるままに、。)様:080410)


投開票プロセスを不透明にする危険性のある電子投票の
 導入プロセスも不透明なようです。
 それでは民主主義は危うくなります。
 (村野瀬玲奈の秘書課広報室:080412)


電子投票の駆け込み法制化の動きに改めて懸念を表明します
 (「電子投票普及協議会」の情報を付記)
 (Like a rolling bean (new) 出来事録様:080413)


総選挙。自公落として明るい未来。

 

 

 よろしかったらポチッと応援をお願いします!→
人気blogランキング
posted by Francisco at 00:36| Comment(3) | TrackBack(29) | くらしの安全 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月10日

農薬ギョーザ・倖田発言の水面下で

農薬ギョーザで誰が得をしたのか?

TKY200802020244.jpg


小野寺光一様、さすがアンテナの感度良好。

これとか
これもすごい

。。。なるほどね。

朝日新聞・東京新聞は、勇気をもってよくぞ報じたものだと思う。

JT株、ギョーザ事件公表前に急落 監視委が情報収集(asahi.com:080203)

(引用開始)
 子会社が輸入した中国製冷凍ギョーザで中毒が起きた日本たばこ産業(JT)をめぐり、事件が公表される2日前の1月28日、同社株に大量の売り注文が出て、株価が大幅に下落していたことが分かった。市場関係者からは、不自然さを指摘する声が出ており、証券取引等監視委員会も情報収集に乗り出した。

 JTが事件を公表したのは1月30日夕。事件が報じられていなかった同月28日、大量の売り注文が出て終値は前週末比4万8000円安い56万2000円になった。下落率は7.8%に達し、出来高も前週末の約2倍にあたる5万2000株、売買代金は303億円に膨らんだ。

 同日の日経平均株価の下落率は3.9%。東京証券取引所第1部全体の出来高も前週末より2割少なく、JT株の動きが目立った。一方、年初から25日までの値動きをみると、JT株の下落率は4.9%で、同期間の日経平均の下落率7.2%に比べて小さかった。

 市場関係者からは「公表2日前の急な値動きは不可解だ」(大手証券)といった声が出ている。値動きや出来高の大きさから、「個人ではなく、機関投資家が大量に売った可能性がある」(同)との見方が強い。

 これに対しJTは「当社関係の不正はないと考えているが、取引の詳細はわからない」(IR・広報部)としている。

(引用おわり)

朝日が他社の出方を見て2/3まで待ったのに較べ、東京はいち早く2/2の夕刊で報じている。
東京新聞(中日新聞)が2/3の社説で、悪法「裁判員制度」を不自然なくらい賛美したのは、
この株価疑惑の記事でオカミのお怒りに触れた為かもしれないな。
そう考えると、妙にナットク。

毒混入ギョーザ JT株、公表前に急落 監視委 情報漏れを調査(東京新聞:080202夕刊)

(引用開始)
 中国製ギョーザによる中毒が公表される二日前に、輸入元のジェイティフーズの親会社・日本たばこ産業(JT)の株価が大きく下落していたことが二日、分かった。証券取引等監視委員会は、情報漏れによるインサイダー取引の可能性も考慮して取引状況を調べている。 

 JT株が大きく下落したのは一月二十八日。始値の五十九万円から二万八千円下落し、五十六万二千円で取引を終えた。出来高は前日の約二倍に当たる五万二千六百二株だった。千葉、兵庫両県警は翌二十九日にギョーザから有機リン系殺虫剤「メタミドホス」を検出し、JTは三十日に中毒を公表した。

 最初の食中毒は昨年十二月二十八日に発生。JTはその後、保健所と連絡を取るなどしていた。

 監視委は株価の変動要因が公表される前に取引が活発化した場合は実態を調べており、最近五年間では毎年約五百−八百八十件の同様の審査が行われている。

 JT広報部は「当社としてはそもそも不正取引があったとは受け取っていないので、社内調査は行わない」としている。

(引用おわり)

そして、ここへ来てJT株の急激な回復・続伸。
急落局面で大バクチを打ってカラ売りを仕掛けたり、
底値で大量に買っていれば、億単位で大笑いだよなー。

赤福の新会長には、外資系カード会社の役員が天下りして来たそうだ。
不二家の件でも同じ系列の金融資本がボロもうけしてるらしい。

小野寺さんが言うように、兵庫県警、朝日新聞社、東京新聞社の関係者が、
人事異動やチカン逮捕で社会的に隔離されないか心配だ。

それにしてもメディアへの情報統制の圧力はすごい。ギョーザへの薬物混入は
何が何でも中国国内で行われたように決め付けるバイアスが掛かっている。
薬剤の不純物の含有比率から言って、日本国内には有り得ないとか。。。
漁船か何かでコソッと持ち込めば終わりじゃん。
まだ捜査も終わってないのに。

こういうナダレ的な世論誘導型の報道って、何だか怖い。
「羊水発言」で、倖田くーちゃんをバッシングする勢いが止まらない。
オールナイト・ニッポンの問題の晩は録音だったんでしょ?
編集時に人権に対して危機意識を持たなかったフジ・サンケイ側にも一因がある。
かわいそうに(TT)。一人に全部背負わして極悪人みたいにイジメるこたーないじゃないか。

社会人として、人を傷つける軽率な発言は、厳に慎まなければいけない。
有名人であればある程、自分の名前で大勢の人が食べてるのを忘れるわけには行かない。
だからといって、言論統制の方向に走るのはもっとヤヴァい。
東京新聞が2/8、放送作家の石井彰さんの意見を載せていた。ホントにその通りだと思う。

「いろいろ自由に言えるラジオだからこそ、伝えることがテレビに比べてより深くなる。騒動を機に、発言に慎重になる、言葉狩りのような方向に行くのを恐れている」

 よろしかったらポチッと応援をお願いします!→人気blogランキング

倖田来未の不適切発言 ネット介し問題大きく 『軽率だった』TVで涙の謝罪(東京新聞:080208)...続きを読む
posted by Francisco at 07:21| Comment(1) | TrackBack(4) | くらしの安全 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月02日

農薬ギョーザの影でさらに激ヤバな。。。

健康被害に遭われた方には、本当にお気の毒としか言いようがなく、
一日も早く回復し、後遺症が残らない事を祈るばかりだ。

自民党がピンチになると、決まって中国の危険物質入り食品が問題になったり、
北の方からミサイルが発射されたりするのは妙だなー。
今回も「お約束どおり」絶妙のタイミングで新聞・テレビは農薬ギョーザ一色。。。

米軍ゴロニャン「インド洋給油法」の騒ぎに続き、
道路族のガソリン暫定税つなぎ法案で、今年も国会は
開始早々グッチャグチャ。。。

10月前半のごく短期間に作られた製品だけに農薬成分が混入してた事、
そして兵庫県高砂市で被害を出した製品で、内側のトレーにまで達する穴が
パッケージに開いてたのが、ちと気になるんだけど。

郵政民営化が実現し、ネット上に問題点を指摘する嵐が吹き荒れたり、
沖縄の11万人デモで教科書記述書き換えの功罪が白日の下にさらされたり、
穴あきギョーザが作られた頃も自民党が一触即発でピリピリしてる時期だった。。。

いくら目をそらそうと自公が騒ぎをあおっても、
確実に年金記録のパンドラの箱は開きつつある。
もうじき、驚愕の実態が公表され、列島に新たなショックが走るだろう。
保坂展人さんや長妻昭さんの執念のボディーブローに、
舛添厚労大臣のスタミナも切れた。

暮らしの安心は足元から音を立てて崩れてゆく。

繰り返しシツコク書いてるけど、中国の食品だけに気を取られないようにしよう。
これはカネの効率だけ考えて、農地をつぶし自給率を40%にまで下げ
グローバリゼーションに身を任せた日本国民自身の問題でもあるんだから。

日本でもアメリカでもヨーロッパでも同じような食品の安全の破壊は
日夜進んでいる。食品製造の現場は、いまや世界を飛び回って流通する
安い部品の『組立工場』と化している。
熾烈な値下げ競争の中で、全部の素材を完全に調べるなんてできっこない。

食の安全破壊の最大の原因は、カネだけに価値観を置いた新自由主義と、
それがあおる狂ったグローバリズムだ。

個々人がそれぞれの身の丈で、心に小さなパラダイムシフトを起こし、
地産地消の精神を草の根からコツコツ広げてゆくしかない。

福田首相が官邸に「消費者行政推進本部」ってのを前倒しで設置
するそうだけど、アメリカ型のグローバリゼーションを全力で推進してる側が
今おきてる食の安全の危機を解決できるはずがない。

『みなさん、頑張って国産品を食べましょう』って首相がひとこと言えば、
状況はずいぶん変わるのに。
ま、自民公明政権じゃ、ゼッタイありえないし。。。

コーヒーやパンなどは難しいにしても、日々の生鮮食品は家計をやりくり
して、一点でも国産、近海ものを買うとか。

近くの農家が作る野菜を売ってくれる店を見つけておくとか。

一人暮らしの人は、身の回りを管理する時間がつらくても、たまには
ファーストフードやインスタント食品をやめて、ご飯を炊いてみるとかね。。。



そして、自分と、大切な人の命を守るため、ゼッタイに忘れちゃいけないこと。

  それは、アメリカ産・狂牛肉のこと

この問題は何も解決してないどころか、忘れやすい日本人の性質を
巧みに利用して、ジワジワと、なし崩しに一層危険の度合いを深めてる。
お隣韓国では国民が大反対してる米牛肉の全面輸入で、米韓の火花散る
バトルが続行中。あとがないブッシュ政権は、ロビーからいじめられまくってるらしい。
『とにかく日本人を洗脳して牛肉食わせろゴルァ!』

阿修羅にまたしてもイヤなニュース。。。
(どうも阿修羅へのアタックが頻繁みたいなので記事末尾に引用貼っときました)

アメリカは「へたり牛」の肉を食わせるな!/電気ショックで立ち上がらせ、BSE検査をパス(どこへ行く、日本。)(阿修羅:080201)

阿修羅の記事中で引用された元記事
アメリカは「へたり牛」の肉を食わせるな!電気ショックで立ち上がらせ、BSE検査をパス(どこへ行く、日本。(福田は国民羊化計画と構造改革(=政財癒着推進→格差拡大)をやめられるのか)様:080201)
080320追記:米国在住のジャーナリスト、片瀬ケイ様が参考になるリンクをまとめて下さっている。
片瀬様、情報ありがとうございます。
あぶない牛肉、鈍感な米国人━米史上最大規模の冷凍肉リコール(回収)命令(MediaSabor:080306)

それから、日本のイスラム教徒のための、禁止されてる(ハラール)食品
リストも、詳細に調べられてて実は参考になる。
ムスリムに習うBSE対策

(-_-;;; ううう
油断すると忘れそうになるけど、日本のBSEリスクを取り巻く状況は
全く改善されてないので、引続き「自衛」の意識が必要だよね。

よろしければポチっと応援よろしくお願い致します!→人気blogランキング...続きを読む
posted by Francisco at 09:23| Comment(0) | TrackBack(4) | くらしの安全 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月23日

ケータイに関する妄想(--;)

ふと疑念が。

子供の居場所がわかる便利な『キッズ携帯』『ジュニア携帯』。
使ってる家庭も多いだろう。

誘拐などの事件に備えて、これらの機種では
電源を切っても例えば15分おきとかにコソーリと起動して
位置情報を基地局とやり取りする機能が付いてたりする。
(画面を見た目は判らない)

これ自体はすばらしい機能だし、スイッチOFF時の位置通知は
Docomoではパスワードで止められるようになってる(はず)。

この機能って、国民の位置補足のために、フツーの携帯に
搭載されてても判らないんじゃないかしら。

バッテリの性能が飛躍的に伸びてるから、
いちいち毎回起動しないでも、常に微弱電流を流し、
一定時間ごとにコンデンサに貯めた電気を開放すれば
位置情報だけ飛ばす事くらい、できそうだし。

起動しても画面やスピーカが作動しないプログラム組めば、
電波検出用の装置を横に置いてずーっとにらんでない限り
まず判らないしな。

考えすぎかなあ。。。

以前の記事はこちら
ビルマ・オキナワ・国民監視(071007)
ここって「1984」の世界ですか?(070605)
posted by Francisco at 01:34| Comment(2) | TrackBack(2) | くらしの安全 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月19日

民主党もブログ狩り参戦?

ギョエ、散策様からのトラックバックで、激ヤバな情報を頂いてた。
高野善通様ほか、数ヶ所で取り上げられている。
TBを頂きながら気付くのが遅れちゃいました。反省ですm(_ _)m

有害サイト削除法案(民主)、電子投票法案、年金保険料流用禁止法案、
 藤田幸久議員の質問、ダボス(散策様:080112)


民主党の情報統制化計画(高野 善通のブログアネックス様:080104)

ソース元の日経を見て二度ビックリ。
有害サイト削除、民主が独自法案・プロバイダーに義務化(NIKKEI NET:080104)

(引用開始)
  民主党は18歳未満の若年者が犯罪に巻き込まれるのを防ぐため、
 インターネット上の違法・有害サイトの削除をプロバイダーなどに義務付ける法案の
 国会提出に向け、党内調整を始めた。
 自殺勧誘や、児童買春の温床とされる出会い系や児童ポルノなどに
 簡単にアクセスできないようにする狙い。与党との共同提出も視野に入れており、
 今月召集の通常国会での成立を目指す。

  検討中の法案では、サイト開設者やプロバイダーは違法情報を発見し次第、
 削除しなくてはならない
と規定。
 違法かどうか明確でなくとも、有害な恐れがある場合は児童が閲覧できなくなるような
 措置
を講じるよう義務付ける。罰則を設けることも視野に入れる。
(引用おわり)

おいおいおーい、どこ行くんだ民主党ー。戻って来ーい。

国民優先じゃないのかい?
政権取れたら、ペロリと舌を出すのかい?

『与党との共同提出』って何だよ。
自・公・民総出で検閲、って戦前かよ。

政権を取った時、あるいは自民と連立を組んだ時の事を視野に入れて
新政権に都合の悪いネット上の情報を検閲・削除するつもりなのか。


政権取る前から保身とは・・・哀しすぎる。


WEBでなく日経本紙には、
我々の税金から予算付けして民間監視団体に検閲させる
と書いてあったそうだ。

権力側に不都合な情報は「有害情報」とされてヤミに葬られる危険性大。
高野様も書いていらっしゃるけど、裁判員制度に批判的なブログなんか
ソッコー爆撃されそうだな。
こりゃもう、ブロガーがモグラタタキ状態を作って、デリってもデリっても
悪政批判の火が燃え続けるようにするしかない。

衆院総選挙で自民・公明おとして政権交代。

だけど民主党もヤッパリ24時間監視だね。
posted by Francisco at 06:47| Comment(2) | TrackBack(2) | くらしの安全 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月27日

グーグルに中華風検閲インストール。

いやな予感が現実になり始めた。
政治系、それも右寄りでないブログ相互のTBが、笑っちゃうくらい
通らなくなってるのを見て感じてる人も多いと思うけど、
政府による「Google八分」やコンテンツ削除の指示が激しさを増して来たらしい。

タイミングよくNTTドコモとGoogleが提携。
ドコモ、グーグルと提携・ネット検索メールなど、新サービス開発(NIKKEI NET:071225)
NTTドコモ、新型端末導入も視野にGoogleと提携か(GIGAZINE様:071225)

サーバ上にあるソフトウェアで何でも出来るようになるわけだ。
想像も出来なかったような便利な機能が次々と提供されるだろう。
ハード・ソフト業界を巻き込んでの「アンドロイド」プロジェクトも
順調に進んでるみたいだし。

でも、便利さのウラには危険も潜む。

芸能・スポーツやオシャレ等に関する生活情報や、
ネット検索メールやインスタントメッセージは一発HIT状態になるけど、
社会問題に関する情報は、何ひとつ出てこない、なんて事になりかねない。

喜八様のお友達"ナゾの憂国者r"様と並び称せられる憂国者"n"様が
神州の泉様のコメント欄で指摘されている。

この12月中旬から、グーグル動画のトップ100サイト上位の良質動画が軒並み
消されているそうだ。
http://shimotazawa.cocolog-wbs.com/akebi/2007/12/post_542c.html
http://shimotazawa.cocolog-wbs.com/akebi/2007/12/post_4f27.html

もちろん消されているのは自・公政権の欺瞞を暴くような動画。

ヤメ蚊様たちがNPJ(News for the People in Japan)動画ニュース第1回
という事で、辞職表明したばかりの井原・岩国市長への電話インタビュー
Yahoo!のVideocastに上げたら、
ソッコー『この動画はガイドライン違反により削除されました。』
監視係、乙。

そこでヤメ蚊先生、少しも慌てずグーグルビデオyoutubeにもUP。

もう情報統制じゃ中国のこと言えねーレベルに入ったな。。。
サイトが中国政府の検閲対象かをチェックできる「Great Firewall of China」
 (GIGAZINE様:070306)


Googleが総務省直系のNTTと何らかの手を打って提携した以上、
「対岸の火事」とタカをくくる時期は終わった。

治安維持法の再来、「共謀罪」も全く報道されない水面下で、確実に動いてる。

気を緩めると不正操作し放題の「電子投票」が年明けの通常国会で通っちゃう。
そうなれば自民・公明は半永久的に政権を取り、
年収が2000万に届かない大部分の国民はまんまと奴隷化され、
カネのない者から順に、次々戦場に送られる。
民主党の中にも隠れ自民が大勢いる。何が起きても不思議じゃない。

これを被害妄想のネトサヨの陰謀論だと思う方は、ご自由に。
全てを失ってから、声を上げなかった事を後悔したくないだけなのよ。

とにかく希望を捨てないで、「気付いてしまった人」は周りの大切な人に
それとなく真実を伝えて行こう。

ブログを持ってる人は、世の中がヘンだと思ったら、少しだけ勇気を出して動いてみよう。
今ならまだ個人の声が発信できる。でも、それも秒読みだからね。。。

「普通の世の中」を取り戻そうと頑張ってる人は、右も左もなく、みんな仲間でしょ。
「『ダウンロード違法化』阻止、まだチャンスある」――MIAUがシンポジウム
 (ITmediaNEWS:071227)


  よろしければポチっとお願い致します→人気blogランキング
posted by Francisco at 19:51| Comment(10) | TrackBack(5) | くらしの安全 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月22日

記者クラブ化する新聞社の恐怖

ウソ警報発令中。
マスコミの流すデマにだまされないようにしよう。


テレビ局の良心の最後の砦、NHKの表現の自由をめぐって、
政府・経団連から送られた刺客、富士フイルムの古森重隆経営委員長と、
NHK米営化反対組のガチンコ勝負が続いている、今日このごろ。
頑張れNHK。
家計はウチも火の車だけど、落城するその日まで受信料カンパするぜ。

新聞業界は全軍陥落の様相を呈し始めた。

1.票数捏造し放題の電子投票法は水面下の攻防(?)の結果、
  首の皮一枚で今国会では見送りになった。


マジで(iДi)危なかったぜ。ハァーハァー、ゼーゼー。。。
ちょっとでも政治に目を向けてる人なら恐怖でチビリそうである。
共謀罪が創設されたら気絶するかも。

ほとんどの国民はこういう出来事の存在さえ知らされていない。

そういえば参院での論戦で、こう着状態が続いた12/19、民主党内部でコソーリと不思議な人事異動。
倫理・選挙特別委員会委員長が、旧通産省電子政策課出身で極右系の新興宗教連合体
「日本会議」所属の諜報部員鈴木寛さんから、
全ホンダ労組会長・自動車総連副会長を歴任した池口修次さんに突如、交代してた。

参院倫選特別委長:後任に民主・池口修次氏(071219)

何を狙ってたんだろう。SOBA様がおっしゃるように
「委員長が情報関連で電子投票法が通る場合に比べると、風当たりが少なくなると計算した」のかな。
だとしたら余りに幼稚な手法だ。表向きの理由は「体調不良」だとさ (゚Д゚) 。。。

民主党議員の皆さんは大所帯に埋もれず、しっかり自分を持って頂きたい。
(ただし、前原組は除く)
ホゲホゲしてると、金融資本の力でホントに大連立で巻き取られるぞ。

それにしても、オカミのソースを右から左に流すだけの新聞の姿勢は目に余る。
民主主義の根幹を揺るがすような最重要のニュースを完全にスルーしている。

(引用開始)
参院倫選特別委長:後任に民主・池口修次氏
 参院政治倫理・選挙特別委員会は19日午後、健康上の理由で辞任届を出した鈴木寛委員長(民主)の辞任を認める。これに伴い、後任の委員長に民主党の池口修次参院国対委員長代理を互選する。

 ▽池口 修次氏(いけぐち・しゅうじ)党参院国対委員長代理。早大。比例代表。当選2回。58歳。民主。

毎日新聞 2007年12月19日 12時41分
(引用おわり)

 ↑ って、これだけかい???短っ。


2.ナベツネ・ウジイエ・D通チームが、「小沢おろし」の洗脳工作を本格開始。
 12/21夕方の日テレ「Newsリアルタイム」と、12/22早朝の「なかそね荘」で
 「大連立を持ちかけたのは小沢の方からだ」ってネガティブ・キャンペーン。

WEBをザッピングして、大手各紙の論調を見る。

売国読売は政治部長・赤座弘一氏が特集を組んで「小沢氏は真実を語れ」と糾弾。
 「報道機関が『逸脱』しているというのなら、どこがどう逸脱しているのか、
 具体的に指摘すべきである。」と開き直る。
 小沢さん側の言い分を一切無視し、報道機関の命である中立性を全く欠いている。
 「安全なアメリカの牛肉を食べよう」って社説で呼びかけてるのに至っては、
 民衆の命に直接かかわる、常軌を逸した犯罪的行為だ。
 (これはまた改めて書きたい)

○便所紙(もはや新聞ですらない)サンケイは、ひたすら面白おかしく小沢さん叩き。

○D通直系の時事通信も当然「今後、(小沢さんの言動が)波紋を呼びそうだ」と攻撃。

○共同通信はWEBで見る限り、攻撃はしてないけど小沢さん側の反論は載せてないみたい。

○朝日・毎日・日経は、
 「渡辺さんは党首会談にはいなかったでしょ。
 そのようなことではないということだけは言っときたい。」
 との、小沢さんの反論も一応載せている。

既に読売は、朝日・日経と販売店統合やニュースソースの共用という、
とんでもない合意を10/01に取り付け
、連れ合い心中まっしぐら。

各紙の今後の論調は、そのまま鵜呑みにしない方が身のためだ。

071223追記:けさの「サンデープロジェクト」(テレビ朝日系)
森元総理が大連立騒ぎの周辺について、
小沢タタキに追い討ちを掛ける為、急きょ出演。
「小沢くんは(ナベツネに)失礼だ。セッカク御膳立てしてあげたのに。」
なんて、ナベツネこそ政治の頂点にいるかのような宣伝工作。

朝日新聞編集委員の山田厚史さんは一応、ヤバイと思ったのか
「新聞を書きながら政治の指南役をするのはどうかと思う。」
って、精一杯抵抗するも、森さんにヤンワリ一括されて貝になった。

CM入りの瞬間に森さんがニヤーリ「これでどう?」と目配せを送ると、
前原さんが「カメラ回ってる状態ぢゃマズイっしょ(^^;」という表情で
ビクッとしながら顔を少し赤らめて照れ笑い。

二人の直接のコネクションをことさら印象付けるテレ朝と田原キャスターの
あからさまな権力ヨイショが見え隠れしてヘドが出るので、仕事に行く。
連休もクリスマスも関係ねえ。ビンボー暇なしだ '`,、('∀`) '`,、

ちなみに6党の出演者は次の人たち。

亀井静香さん(国民新党 代表代行)
辻元清美さん(社民党 政審会長代理)
穀田恵二さん(共産党 国対委員長)

前原誠司さん(民主党 副代表)←なんで菅さん・鳩山さんぢゃないの??
高木陽介さん(公明党 選対委員長)
菅義偉さん(自民党 選対策副委員長)




3.佐世保の発砲殺人事件の翌日、衝撃が駆けめぐりアクセスが集中する間だけ
  UPされてて、そのあと朝日がソッコーWEBから消した記事。


 →発砲事件、今年になって多発 昨年比17人増(asahi.com:071215)

    ↑↑ すでにリンク切れ ↑↑

記事前半は、ピストルなどによる犯罪を減らそう、ってマクラから入ってるけど、
いつの間にか猟銃所持こそがヤバイという印象に誘導するよーな文章になってる。
ん?(-"-;)
「猟銃を持っていいのは自衛隊だけ!!!」
「だからサル特措法で、いずれ兵隊さんがドンパチ害獣駆除。」
ってか。政府はどうしてもそっちへ引っ張って行きたいらしい。

総務省(警察庁)の一方的指示で、もらったソースをそのまま載せたのかしら?
これは、自分で検証してから載せたんですかね?朝日さん。

この記事の内容をみんなに検証されるとそんなにマズイんですか?

各社とも新聞社自体が「記者クラブ化」して、お殿様お奉行様、言う通りに書きます状態になってる気がする。
自分で取って来たソースを胸張って出せなきゃ、報道機関としては役に立たない。

  よろしければポチっとお願い致します→人気blogランキング

(引用開始)
発砲事件、今年になって多発 昨年比17人増
2007年12月15日00時03分

 今年に入って暴力団の抗争など発砲事件が増える中、また市民が犠牲となった。長崎県佐世保市の銃撃事件は、子どもたちも集まるスポーツクラブで無差別に乱射するという、かつてない凶悪さを示している。どうして社会から銃がなくならないのか。犯行の動機は何か。

 警察庁によると、全国の発砲事件は01年の215件から年々減少し、05年に100件を割り、06年は53件まで減った。06年の死者は2人、負傷者は17人だった。ところが、今年になって発砲事件が多発。11月末現在で昨年同期より10件多い54件が発生。19人が死亡し、11人がけがをした。このうち一般人の死者は8人、けが人は6人だった。

 4月には長崎市の伊藤一長市長が選挙遊説後に暴力団幹部に撃たれ死亡。東京都町田市の公営住宅では暴力団員が立てこもり、拳銃を乱射。さらに5月には愛知県長久手町で元暴力団員が駆けつけた警察官に拳銃を発砲、自宅に立てこもり、撃たれた警察官を救出しようとした県警特殊部隊(SAT)の隊員が撃たれ死亡した。8月以降は、九州で指定暴力団道仁会と九州誠道会の対立抗争などを巡る発砲事件が相次いでいる。

 今回の事件では散弾銃が使用されたとみられる。同庁によると、猟銃所持の許可を受けているのは06年末現在で30万5179丁で、このうち散弾銃が26万3725丁、ライフル銃が4万1454丁。散弾銃の発砲事件は、2月に埼玉県熊谷市の飲食店で自営業の男が口論になった男性を射殺し、その後自殺する事件などが起きている。

 銃による犠牲が後を絶たないことを受け、暴力団などによる銃器犯罪の重罰化を柱とした改正銃刀法が11月に成立。組織の利権拡大などのために銃を隠し持ったり、発砲事件を起こしたりした場合、通常より刑期や罰金を引き上げる規定などを盛り込んだ。今月末に施行される。
(引用おわり)
posted by Francisco at 22:50| Comment(7) | TrackBack(9) | くらしの安全 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月12日

ムスリムに習うBSE対策

「牛脂」関連でググってたら、こんなリスト発見

本来は、日本在住のムスリム(イスラム教徒)の方が、クルアーン(コーラン)で禁じられている
豚肉とか、「お祈りしないで屠殺した肉」とかに由来する成分や、
アルコール成分を、知らないうちに口にしないよう、
名古屋イスラム協会様が、食品メーカーにリサーチを掛けて、
製品の原料について、まとめて下さったものだ(1998年第三版 「HALAL LIST」)。

少し前のデータだけど、非イスラム教徒の日本人にも役に立つ。
地味で面倒な取りまとめをされた方達に、多謝、多謝...(^^)

1998年時点ではハンバーガーショップ「○クド○ルド」が、ヤッパリ揚げ油に牛脂を使ってた事とか、
パンも多くのメーカーが獣脂を使っていた事(豚ラードだけなのかは不明)。
どんなお菓子やヨーグルトにゼラチン(ウシ由来)が入ってたか、などなど。。。

10年経った今、どれだけ状況が変わったか、調べようもないし、
よく判らない。

本家・名古屋イスラム協会様のPDFリスト(2000年時点の調査)では、
有名な清掃用品系のドーナッツ店でも、牛脂が使われてる製品があったと書いてあったが、
最近ホームページともども公開されなくなってしまった。


ぐえっ!こりゃ思った以上にヤバイかも。。。
リアルなリストで見ると、迫力あるな。

同じレシピのまま現在も製造しているメーカーが当然あるだろう。
結構勉強になっちゃうぞ (._.)φ
国が頼りにならない以上、消費者が自衛するしかないからね。

参院でせっかく勢力が逆転したんだから、野党はゼヒ、
アメリカ牛製品輸入の安全性の問題についても、追求してほしい。

 よろしければポチッと応援願います!→人気blogランキング
posted by Francisco at 13:01| Comment(0) | TrackBack(2) | くらしの安全 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月26日

鳩山法相、人の命はチョウチョ並み?

死刑執行を自動化して「ベルトコンベアー」ですか。。。
福田内閣で法相に留任した鳩山弟が早くも問題発言。

「死刑執行、自動的に進むべき」 鳩山法相が提言(asahi.com:070925)
(元記事の引用は「続きを読む」の後に置いときます)

こんな最低の人権意識しか持たない人物が法の番人とは。
ま、そうゆー人だからこそ続投させたんだろうけどね。

「誰だって判子ついて死刑執行したいと思わない」って、
その仕事の重さと痛みを受け止めて、執行するかどうか
決めるのが、現制度下での法務大臣の責任
だろが。

死刑制度の是非をここでしっかり論議するのが先であって、
責任取るのがウザイから、クジ引きでドンドン殺せって発想は、
余りにも人間の尊厳をバカにしている。

死刑制度の是非以前に、冤罪の問題もある。
刑が確定したあと、大臣の判断で時間が充分に取られれば、
最終的に事実が勝って、助かることもありうる。


鳩山法相は、同じ調子で共謀罪の制度化も思い切り推進するだろう。
罪を犯してしまった人や、政府に疑問を投げる人の人権は
彼の大好きなチョウチョの標本と同じくらいの重さなんだろうか。
閣僚として、法務省の方針をそのまま発表するだけでいいのか?

鳩山さんは去年暮れ、フィリピンの自然保護区内で無許可で
日本人ガイドを務めたチョウ収集家の方に網を振らせた。
その際、高圧電線に触れたその方は両足を失う手術を受け、脳膜まで焼けた。
その際は幸い一命はとりとめたものの、鳩山事務所は、
無許可の違法捕獲が表沙汰になるのがイヤだったのか、
治療費の支払いを渋り続け、結局有志のカンパで帰国することになった。
その後チョウ収集家の方は、容態が悪化し、帰国かなわず亡くなったそうだ。

同じ人の言動のクセは、公私に渡って共通してる事が多い。

来春から党派を超えて鳩山兄弟で「友愛塾」とか言うのをやるんでしょ?
この政治塾でどーゆー次世代リーダーを育成するのか見てみたい。

民主党のお兄さんは、ここんとこどう感じてるのか。
小一時間問い詰めたいもんだ。(懐かしいフレーズ)

 9/27追記: とむ丸様の所で、続報を知りました。
 鳩山さんに同行した日本人チョウ収集家、日向博美さんが4月末、
 帰国を目前に、再入院先の病院で亡くなられたとのことです。

 記憶に頼って書いていたので、その後の出来事を見誤っていました。
 日向さんのご冥福をお祈り申し上げます。
 記述を訂正し、お詫び申し上げます。

 ご家族もバラバラになってしまったようで、
 あまりにお気の毒で言葉に詰まりますね。

 鳩山事務所から最終的に渡された見舞金や香典の総額は
 治療費用にすら達していません。何を考えてるのでしょう。
 税金使って公用ビザで、野生生物を違法捕獲、人身事故って。。。

 この出来事に関して、鳩山法相の責任を野党はキッチリ追求し、
 ご本人とご遺族の無念を少しでも和らげてほしいものです。


  よろしかったら応援のポチッと、お願い致しますm(_ _)m→人気blogランキング...続きを読む
posted by Francisco at 22:29| Comment(0) | TrackBack(5) | くらしの安全 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月22日

始まったよー。ブログへの本格攻撃。

命おとすな、自民・公明おとせ!!!

あちこちで取り上げられてるね。
元幹部自衛官:猫に小判様の痛快ブログ
『猫に小判 〜 自衛隊内部を滅多切り 〜』が「見せしめ」で消された。

目の前で一つのブログが消された!(津久井進の弁護士ノート様:070720)

自分からやめる事はない、って宣言してたから、一方的削除は間違いない。

防衛省・自衛隊の内部から見たリアルな悩みや問題が内部告発的に
あぶり出された、唯一といっていい窓だった。
「やっぱりな」と思うと同時に、窓が国家の暴力で閉ざされたのが悔しい。
あーあ、テキスト化しとくんだったな。

こんな世情だからこそ、これから活躍して欲しかった。
国家機密をリークしてたわけじゃない。
自分の身を危険にさらしてまで、一般国民の安全を思う
猫に小判様の論調は、いたって常識的だった。
国民にキバを向けないと、勤務評価のノルマがこなせない仕組みとか、
人を人とも思わないような国の汚いやり方に、素朴な怒りを向けてただけだ...続きを読む
posted by Francisco at 01:44| Comment(1) | TrackBack(22) | くらしの安全 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中国の食品より危険なもの・その2

scotti様から「中国の食品より危険なもの」のエントリにコメントを頂いた。
いつもありがとうございます。

>本当に、ブッシュ政権のためなら、日本国民の生命など
 なんとも思っていないコイズミ以降の日本の政治。
>米国牛の安全は確保できないとして全面輸入禁止したままの韓国。
>どうしてこんな対応の違いがでるのか

まったく同感です!

 いま現在、沖縄が本当に大変なことになっています!!
 辺野古のサンゴ礁と島民の暮らしを米軍基地拡大から守るため
 非暴力の抗議をする人たちを国が殺そうとしている。
 →防衛省が殺人未遂行為!!(反戦な家づくり様:070721)
 →沖縄が大変だ(反戦な家づくり様:070720)

韓国では日本の植民地支配からの開放後
間もなくアメリカの傀儡(かいらい)政府ができ、
情報操作と洗脳で韓国国民同士でジェノサイド(大量虐殺)を行わせ、
一切の政府批判を封じた。
このチェジュ島の「4・3事件」で当事20万人の済洲道民のうち亡くなった方は、
4万とも7万とも言われ、実態はまだ調査が始まったばかり。
ドラマや映画が人気なのを見ても分るように、
メンタリティが日本に極めて近い韓国で、
わずか数十年前にこんなことが起こったのかと思うと、
背筋がゾーッと寒くなる。
チェジュ島は韓国のオキナワともいえる...続きを読む
posted by Francisco at 00:59| Comment(5) | TrackBack(9) | くらしの安全 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月17日

中国の食品より危険なもの

選挙向けのテレビ・新聞不正操作で
朝から晩まで「中国のの食べ物はヒドイ」
のオンパレード。

たしかにヒデーな(笑)
一部の悪徳業者が流した危険な食品が
日本をはじめ外国に出て来てるのは間違いない。

でもさ、ちょっと待ってよ。
BSE対策の話って、どこ行っちゃったんだ?

これって、目くらまし?

狂牛肉。

忘れてたでしょ?

年金問題にまぎれてウヤムヤのうちに
6月から狂牛肉の輸入が再開された。
アメリカの農務省と食肉業界に押し切られ
全頭・全箱検査は、なし崩しになった。

松岡農水大臣の死も、実のところ
アメリカ牛肉の安全を疑問視した松岡さんが
交渉のジャマだった、ってのが真相っぽい。
大勢の日本国民が狂牛肉の実態を知ったら
現政権はおしまいだ。

高級な国産和牛だけ食べれば平気かって言えば、
それだけじゃ全くダメだ。

安いハム・ソーセージに混ぜられる蓄肉には
当然アメリカ牛が入ってる。
ハンバーグやミートボール・肉ダンゴなんか、
ミートホープ騒ぎや中国産段ボール饅頭をみれば
カンタンに見分けるのは不可能って分るでしょ?

インスタント食品やレトルト食品、ファミレス、
カレーやシチューのルウ、ビーフ味のスナック菓子。
あらゆる場面でビーフエキスやうまみ調味料に
姿を変えてアメリカ牛から取った成分が口に入る。

ゼラチンも牛から取るから、こんにゃく以外のゼリー、
マシュマロ、薬のカプセルもモロに赤信号だ。

ハンバーガースタンドのフライド・ポテトは
危険部位の牛骨からしぼった油で揚げてる。
病原性プリオンは加熱しても毒が消えない。

いま大人気の「コラーゲン健康法」。
コラーゲン製品の主原料はアメリカ牛。

骨や脳に近いところをたべなきゃいいんでしょ。
NO!NO!

と殺した牛が死んだ後にケイレンして、たまに
働く人が蹴られてケガすることがある。
防止のために「ピッシング」って言って、牛のオデコから
金属ワイヤーを背骨から尾骨まで通して、
脊髄の神経を完全破壊する。
このときにまだ生きてる心臓がギュッと縮んで、
脳や脊髄の病原体が血液に乗って
肉に回っちゃう。


アメリカ国内でも、ピッシングがBSEリスクにつながる
って社会問題になりかけたけど、食肉メジャーと
農務省が圧力かけまくってつぶした。

発病してる「ヘタリ牛」も裏ルートから家畜のエサや
加工食品の原料として流れてることが
何度も何度も見つかってる。
ミートホープみたいな業者はアメリカにもいっぱいいる。
生後20ヶ月以下なら安全とか、30ヶ月だと危ないとか
そういう問題じゃない。

査察団がサンプルとってチョコチョコっと検査したって、
狂牛の肉骨粉やらを牛に食べさせるのを100%禁止
させた上で、全頭・全箱検査しななきゃ、全くザルだ。

BSEの病原性プリオンの入ったエサを食べて育った
トリやブタの肉の安全性はまだ確認されてない。
動物実験では感染ったっていう報告もある。

輸血や歯医者の治療でも、対策しないと血液感染して
潜伏期が終われば脳がスカスカになって狂い死にする。
日赤はある期間イギリスなどに在留してた人の輸血を
禁止し出した。
イギリスの研究機関が、歯医者のリーマー(穴あけのキリ)
の使いまわしで病気が感染するリスクを警告している。
このままだと薬害AIDSと同じことが必ず起きる。
もっと巨大な、国家的規模で。

狂牛肉を必死になって輸入解禁したのは
当然、「日本フードサービス協会」の利権で
甘い汁を吸ってる自公政権。

命おとすな、自民・公明おとせ!!!



→狂牛肉推進協会参加企業検索ツール
 「狂牛くん」はこちら。
posted by Francisco at 01:26| Comment(2) | TrackBack(16) | くらしの安全 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。